ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 6738
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

こんにちは。 アシスタント: こんにちは、どういった事でお困りですか? 質問者様: 15年前に購入した アシスタント:

ユーザー評価:

こんにちは。
アシスタント: こんにちは、どういった事でお困りですか?
質問者様: 15年前に購入した
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 京都府京都市で一戸建て住宅を購入した時からこちらの敷地内に立っているブロック壁についてのしつもんです
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 購入するときに不動産会社からは、以前の持ち主同士の話し合いで、ブロック塀を建てるお金はこちら側が払うのでそっちの敷地内に建てさせてほしいとのことでお互い納得済みでこちらの敷地内にたてたそうです。あまり知識も無く当時は、ああそうですか。ぐらいしか思っていなかったのですがやはり、こちらの敷地は自分たちで使いたいので敷地をかえしてほしいとお願いしたのですがあくまでも両方の納得の上でこちらがお金を出したのでブロック塀はkolasつもりもないとのことです。やはり、取り戻すことはむりですか?

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

現状は、ブロック塀の所有権は相手方にありますが、ご相談者様様の敷地を無償で貸している『使用貸借』の状態であると思量します。

期間を定めず使用収益の目的を定めた場合に、目的に従い借主が使用収益をするのに足りる期間を経過したときは、貸主は契約を解除することができ、また、当事者が期間並びに目的を定めなかったときは、貸主はいつでも解除することができます。

また、借主はいつでも契約を解除することができます。(民法598条)
 これらの民法上の規定は任意規定と解されているので、当事者が別段の特約をした場合には、当事者間の特約によることになります。

ご質問の件では、合意したのが前の持主とは言え、ご相談者様も承知の上で当該不動産を購入しているため、現時点での強制排除はできないかと存じます。

(回答が続きます。少々お待ち頂けますようお願い申し上げます。)

対応策として、裁判所での民事調停で協議をなさることをお勧めします。

調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、判例に沿った案を提示してくれます。

また、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。

加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。

ぜひ、ご一考ください。

民事調停・裁判所(政府広報オンライン)

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201408/3.html

質問者: 返答済み 11 日 前.
38627;しい言葉が続きますが、要するに敷地を返しては貰えないと言うことですね。及びこちらの敷地内に建っているブロック塀の取り外しも無理ということですね。以前にこちらの敷地内であっても何十年と建造物を建てていると建てている方が敷地を自分のものだと主張すれば取られてしまう。と聞いたことがあるのですがほんとうですか?今回のこちらの件もそれにあてはまりますか?「使用賃借」の意味がよくわかりません。賃貸料がもらえるということですか?隣も40年ほど前に買った時には既にそうゆう約束が出来ていて既にブロック塀が立っていたとのことです。

ご返信、ありがとうございます。

「使用貸借」は、賃料を受け取り貸す「賃貸借」と違い、無償で貸している状態です。

使用貸借は、期限を定めていれば期限が到来した時、使用の目的を終えた時には返還を要求できます。

現在、安全性の観点から全国的にブロック塀は撤去が進んでおり、既に40年経過したブロック塀は安全面も懸念されます。

所有者として安全性の点検を要求、劣化著しければ即時の撤去、そうでなければ今後の期限を定める方向で協議なさってはいかがでしょうか。

尚、他人の土地である認識があれば何年占有しても時効取得は成立せず、相手方の土地にはなりません。

その点はご安心ください。

質問者: 返答済み 11 日 前.
20116;年ほど前ですが、隣の屋根のトタンなどに降った雨が跳ね上がり、自宅の白い壁が茶色くなってしまった事がありました。連絡をしたら直ぐに張り替えてくれたようでそれからは跳ね上がりなどはありません。はねで汚れた部分の塗替え費用などの請求は可能ですか?ブロック塀については理解しました。ブロック塀撤去については諦めますが、隣の屋根のでっぱりの部分もこちらの敷地内にはみ出た形になっています。ブロック塀に沿ってその上に建てたようで。こちらは少し切ってもらうことはむりですか?

Q:はねで汚れた部分の塗替え費用などの請求は可能ですか?

A:建造物責任で請求可能です。

Q:ブロック塀撤去については諦めますが、

A:これも諦める必要はないかと。先に述べましたが40年経ったブロック塀は安全性に不安があり、万が一、倒壊した場合にはその賠償責任は所有者にあります。相手方はこの認識がないのでしょうが、まずは業者による安全点検を求めてみてはいかがでしょうか。

尚、使用貸借契約は、借主の死亡でも解約となります。

Q:隣の屋根のでっぱりの部分もこちらの敷地内にはみ出た形になっています。ブロック塀に沿ってその上に建てたようで。こちらは少し切ってもらうことはむりですか?

A:『民法 第207条 (土地所有権の範囲)

土地の所有権は、法令の制限内において、その土地の上下に及ぶ。』

越境した枝を切るよう求めることが出来るのと同様、撤去を求めることが可能です。

質問者: 返答済み 11 日 前.
24314;造物責任で請求する場合は何か証拠になるものなどは必要ですか?請求書類なども必要となりますか?口頭での請求でもいいですか?しつこいようですが相手方も購入した時には今の状態だったらしく使用賃借契約等しておらず飽くまでも口約束のようだったみたいです。借主の死亡のみが契約解除とのことですか?買い替えで持ち主が変わっても契約解除にはなりませんか?

直ぐに対応したというのですから隣家にも自覚があり、証拠類は必要ないでしょう。

領収書がなければ業者に以来して明細だけ再発行して貰ってはいかがでしょうか。

口頭での契約でも双方が合意済であれば成立しますが、隣家の所有者が変わる場合は使用貸借終了となります(新しい所有者には引き継がれません。

尚、大変恐れ入りますがこちらは『初回500円・一問一答式の質問サイト』であり、通常案件のように「着手金を受け取り、事案終了まで責任を持って寄り添う」「ひとつの質問に対して次から次へと湧き出る疑問を徹底的に解決する」ものではなく、ひとつの質問に対しての回答に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂き、新しいご質問は再度トップページから新規投稿頂けますようお願いしております。

(トライアル期間は追加料金が掛かりません)

現時点でこちらの質問に2時間近く完全に掛かり切りで対応しているため、まずは一旦、ここまでの回答に対してご評価を頂けると幸いです。

評価後も質問の継続は可能です。

ご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

質問者: 返答済み 11 日 前.
12418;しブロック塀の安全確認したら危ないと言う結果になってしまえばその時点で新たに相手のお金で立て直してもらうことができるのですか?その時点で使用賃借契約を求める事や賃貸料の請求はできますか?

可能です。

ito-gyoseiをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
38263;々と申し訳ありません。又日を改めます。ありがとうございました。

とんでもありません。

よほど精神的に追い詰められているご様子で少し心配しておりましたが、ようやく挨拶のお言葉を頂け、ホッとしました。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問