ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 6592
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

はじめての質問になります。よろしくお願いします。賃貸住宅に住んでいます アシスタント:

ユーザー評価:

はじめての質問になります。よろしくお願いします。賃貸住宅に住んでいます
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 埼玉県深谷市に住んでいます
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 賃貸住宅に住んでいます、この度、水道漏れによる高額請求が発覚しました。この費用は賃貸の貸主に請求することはできないのでしょうか?

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

賃貸人は、賃借人から賃料を徴収するにあたり、賃借人が平穏に生活できるような配慮や設備を整えることを求められ、これを怠った場合は賃借人に対しての契約不履行となります。

また、賃貸人は部屋を貸す場合、借主が部屋や設備をきちんと使えるように修繕をする義務を負っています(民法第606条1項)。

よって、通常の修繕費は賃貸人が負担すべきものであり、借主がこれを立替えた場合は直ちに償還してもらうことができます(同第608条1項)。

『民法第606条1項:[賃貸物の修繕等]

賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。

民法第608条1項:[賃借人による費用の償還請求]

賃借人は、賃借物について賃貸人の負担に属する必要費を支出したときは、賃貸人に対し、直ちにその償還を請求することができる。』

下記は賃貸住宅でのトラブルの際に相談するところです。

もし管理会社及び大家が現状のまま納得の行く対応をしなかった場合、こちらにご相談してみてはいかがでしょうか。

賃貸人側に適切な指導をして貰えるやも知れません。

ご一考ください。

都道府県の、宅地建物取引業免許(知事免許)に関する窓口一覧(国土交通省)↓

https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bf_000019.html

日本賃貸住宅管理協会

https://www.jpm.jp/

不動産流通推進センター(不動産相談)↓

https://www.retpc.jp/archives/17641/#

質問者: 返答済み 4 日 前.
20462;理代は負担してくれるようですが、これまでの水道代で多い部分の請求は可能でしょうか?
30年5月の検診は105㎥で9801円
元年5月の検診は310㎥で11352円
2年5月の検診は630㎥で20109円
今回の3年5月の検診は1073㎥で28204円でした
質問者: 返答済み 4 日 前.
12377;いません、検診のメーターの数字は積算でした
質問者: 返答済み 4 日 前.
20351;用水量を送ります

ご返信、ありがとうございます。

設備の不良により本来よりも過大な請求がきたのであれば、通常使用料との差額分の請求は可能であると思量します。

質問者: 返答済み 4 日 前.
30年5月は39㎥
元年5月は42㎥
2年5月は56㎥
3年5月は73㎥です

ご返信、ありがとうございます。

上記の通りです。

質問者: 返答済み 4 日 前.
20808;ほど電話で確認したところ、水道代の部分の負担は負担できないと言われました。納得できなくて、登録、相談させていただいた次第です

相手方が応じないのであれば、裁判所での民事調停で協議をなさることをお勧めします。

法律での解決を望むのであれば、これが最良かと存じます。

調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、判例に沿った案を提示してくれます。

また、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。

加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。

ぜひ、ご一考ください。

民事調停・裁判所(政府広報オンライン)

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201408/3.html

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ご質問及びご評価、ありがとうございました。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問