ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4046
経験:  行政書士事務所代表
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

飲食店で店長をしていたが3年前に店舗を移動になり店長が2人になってしまうので店長ではなくてもいいよと伝え副店長になった際

ユーザー評価:

飲食店で店長をしていたが3年前に店舗を移動になり店長が2人になってしまうので店長ではなくてもいいよと伝え副店長になった際、給与が3〜4万下げられていた。下がった事には給与明細をみて気付いた。会社からは移動になったのでいくら下げますとも伝えられていなくそのまま時が過ぎ4ヶ月前会社から他の店舗に店長として移動して貰いたいとお願いされ通勤距離が10キロくらい遠くなるので渋っていたがどうしてもと懇願され会社の為と思い3月に移動し店長として働くも給与が変わっていない。社長に店長ですよね?と聞くと4月から正式に店長ですと言われ、更に今まで交通費が出ていたが急にもう出ませんと総務から聞かされる以前は自分の場合通勤距離2キロ圏内で4200円出ていた。その際雇用契約書を交わしてくださいと言われ役職手当副店長15000円が店長の42000円になっていたので交通費については移動の前に教えてくれと思いながらもサインした。そして給与日を迎えても以前と金額変わらず。社長に店長なのだから店長手当はつかないのかと聞くとただただ申し訳ないと言うがこちらは死活問題なのでお願いしますねと伝えるもまた変わっていない。辞めようとは思っていないのでゴタゴタしたくない気もありますが死活問題なのでこの様な場合減額や手当がつかないのは正当なのでしょうか?請求できる場合どのように会社に言ったらいいものでしょうか?よろしくお願いします。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 鳥取県です。
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 関係なきにしもないですが7年くらい前に給与が上がったのを機に新車を購入したが突然給与が下がったので補填のためクレジットカードを使わざるを得なくなった。今現在カードの任意整理も少し考えている。

回答者tzx75が対応させていただきます。

給与については全て就業規則に定めがあります。

就業規則を会社に申し出確認されることです。

質問者: 返答済み 8 日 前.
38599;用契約書に記載されている金額と違う場合は違法でしょうか?

前の専門家が退室されたので代わって対応させていただきます。まず、「減給」については,労働基準法第91条で,「1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え,総額が賃金支払期における賃金の総額10分の1を超えてはならない」と定められています。ですから、27,000+4200が支給賃金の10%を超えていたら違法ということです。そして、了承をえずに勝手に減額をすることも認められていません。会社にその旨を主張しても改善されないようであれば、会社がある場所の労働局または労働基準監督署に総合労働相談コーナーにまずは相談をしてみることをお勧めします。総合労働相談コーナーでは専門の相談員が対応してくれます。専門の相談員が面談あるいは電話で受け付けています。また、都道府県労働局では、個別労働紛争について、都道府県労働局長による助言・指導や紛争調整委員会によるあっせんも行っています。

質問者: 返答済み 8 日 前.
12354;りがとうございます。ちなみに雇用契約書に記載されている役付手当金額と明細の金額が違うのですが雇用契約書の記載額をもらうのが正しいでしょうか?

雇用契約書というのは、雇用主と雇用される側の契約ということになりまふから、その契約に記載されている役付手当金額が異なる(労働者側に不利益)であることは、不当です。社員にとって約束した(契約ーpことよりも不利益な労働条件に変更する「不利益変更」は許されていない為、労働契約法(第8条~第10条)からの不利益変更に該当し違法性があると考えられます。このような理由から雇用契約の時に交わした額の方が有利な金額であればその額の支給を主張していいでしょう。

この度はご利用ありがとうございました。解決の手立てになりましたでしょうか?貴方にとっていい方向へ進むことを心からお祈り申し上げます。現在こちらのご質問が未解決になっておりますので今回のご質問が以上であれば、最後に画面の星マークのご変更(星3以上で完了となります)で完了評価をお願い致します。

質問者: 返答済み 8 日 前.
20808;程総務に問い合わせたところ雇用契約書に記載している金額は基本給165000
役付手当10000
職務手当42000
時間外手当92700
回数手当5000
となっているが実際は店長だからいくら副店長だからいくらみたいな決まりはないらしく社長がこのスタッフは手取りがいくらになるように言われその金額に合わせて手当の金額を決めて明細に記載してるそうです
これって雇用契約書の意味があるのでしょうか?

お察しの通り、雇用契約書の意味がないですね。

そんなことでしたら、理屈から言うと雇用契約書は必要ありませんよね。法的な観点から理論的に言えば、口頭でも契約は成立し、口頭での合意内容、つまり内定の際に聞いていた条件で契約は成立しています。ほれを「雇用契約書」という書面で契約をすることで証拠を残す契約をしているわけです。労働契約においては、賃金や労働時間など重要な条件が多く存在するため、契約を書面で行うことが望ましいとされているので契約書に残すのはとてもいいことなのですが、その契約違反を当たり前としているのでは元も子もないですよね。そこはしっかりと契約違反だと主張していいところですよ。

Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4046
経験: 行政書士事務所代表
Loweをはじめその他4 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
12385;なみに減額の根拠と理由を今聞いたとして詳しい人が何かしら当てはまりそうな根拠理由を言ってきたりしたりしないものでしょうか?29年に最初4万円何も知らされず下げられて何故?と思いながら8ヶ月たった時に15000円あがったが9ヶ月たったらまた何の説明もなく15000円下げられて今に至る 何年前からの差額分請求ができますでしょうか?根拠理由は今からでも聞いた方が良いでしょうか?また請求する場合はどのような方法がありますか?また費用はいくらくらいかかりますか?

法律 についての関連する質問