ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2747
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

会社の就業規則について アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? 質問者様: 大阪府

ユーザー評価:

会社の就業規則について
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 大阪府
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: こちらは経営側です。
どのような内容のご相談でしょうか?
質問者: 返答済み 9 日 前.
32681;父が会長、主人が社長、従業員20名程度の中古車販売、自動車整備の会社を経営しています。
昨年3月に就業規則が改定され労基に提出されていました。
定年を60才から65才へ、再雇用で70才までとの内容に変更されていました。
提出したのは、義母でした。
義母曰く、労基から勧められてそうしたと。
義母独断でしたことであり、会長、社長、従業員誰も把握していませんでした。
そもそも、就業規則について誰も存在や内容を把握していないような会社です。
ところが最近、従業員の一人が労基に確認しに行ったようで、定年65才になっていることを主張されました。
現在、60才を過ぎた者が三人いて、定年で再雇用の話を進めている最中でした。
この場合、会社側としては立場が弱いとは思うのですが、現在60才過ぎている者は65才まで今の給料を維持して雇用続けなければいけないでしょうか?

義理の母が独断でしたことなので、会社としては就業規則変更の無効を主張したいところですが、これは従業員もかかわることなので、基本的には「会社は知らなかった」という言い分は通用しません。すでに変更の届けがされているのであれば、従業員を不利に扱うことはできません。定年が65歳として労基に提出されている事実があるので、それを反故にするなら労基から指導が入ることは容易に想像できることです。質問者様のおっしゃる通り会社側としては弱い立場になっており、希望する人は65歳まで雇用してもらう権利が発生してしまいます。

質問者: 返答済み 9 日 前.
20363;えば、早急に再度就業規則を60才定年65才まで再雇用の形態に変更した場合、今61才の方はあと一年ぐらい現状の雇用条件で雇えば、一年後定年を通達できますか?
質問者: 返答済み 9 日 前.
12414;た、65才定年でいくとしても、給料の減額はできますか?
減額できるとしたら、何%程度まで落とすことが可能でしょうか?

就業規則の定年の引き下げは不利益変更となるので従業員の同意なく引き下げることは無効となってしまいます。裁判例でも勝手に定年を引き下げることは無効であるという判決が多くなされています。現在雇用している人たちが65歳まで働いた場合に得られる利益を保証するなら引き下げることは可能かもしれませんが、勝手に定年を上げることはできても下げることはできません。

また、給与の減額についても、従業員との合意がなければ下げられません。どれだけ下げられるか具体的な金額は決められていませんが、10%から20%が限度だと思われます。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12495;ローワークに提出している求人票には60才定年と記載しています。
当初その条件で入社した人達に対しても就業規則の方が強いでしょうか?従業員の同意は全員必要ですか?
定年引き上げの改定のときは従業員一人だけの意見書で署名捺印がありました。

当初60歳定年で入社していても規則が変わった時点で雇用されている人はその規則を主張できますので、就業規則の方が強いです。

従業員の全員ではなく、従業員の代表者を選んで、その代表者から承諾を得るということになります。

質問者: 返答済み 9 日 前.
35328;い方が悪いかもしれませんが、従業員代表者一人の反論なしの意見書を提出し定年を引き下げた就業規則を提出した場合、そのあとで他の社員達に通達し反論が出た場合でもまかり通りますか?

従業員の代表者と合意したなら、それは従業員全員の合意になりますから、反論されても変更は通せます。ただし、従業員の知らないところで勝手に代表者を選ぶことはできません。従業員に「この人が代表者になります」と周知させる必要があります。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12431;かりました。
従業員の立場からすると、定年引き下げに応じたくないですよね。私が以前勤めていた会社(大企業)では、55才で役職定年で給料が下がっていました。そういった文言を入れていくのも、上記同様の手続きが必要でしょうか?

従業員の権利を制限する変更は不利益変更ですから、就業規則を従業員の不利な方向へ変更するには上記の手続きが必要になり

質問者: 返答済み 9 日 前.
12381;うですよね。
ありがとうございました。

こちらこそ、遅くまでありがとうござ

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問