ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2745
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

平成18年に1050000円の借金の借用書があります。 アシスタント:

ユーザー評価:

平成18年に1050000円の借金の借用書があります。
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 福島県東白川郡塙町です
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: ですは返済額などについては互いに信頼関係があったので、正しく記録にのこしていません。

具体的にどういう相談内容でしょうか?

質問者: 返答済み 9 日 前.
12371;れは私の従姉妹からの相談です。従姉妹は70歳を過ぎて、町営住宅に一人暮らしで、法律の知識もなく途方に暮れているので私が代わりに相談しています。平成18年に1050000円を借りました。互いの信頼関係があったので領収書等の金額のやり取りは残していませんでした。そうしているうちに、貸主から約10年前にこれ以上の返済は必要無いとの言葉があったので、貸借関係は終了したものと考えていました。昨年貸主が亡くなった後、未亡人と成人した息子二人が突然訪ねて来て亡くなった方への借金を返してほしい旨を述べました。一人暮らしであり、早く帰って欲しかったので、毎月1万円毎返済する旨の文書を書いてしまいました。以上の経緯を申立人は町の無料弁護士相談に問いかけたところ、訴訟を勧められたとの事です。

本来なら、10年前に返済が必要ないと言われたので払う必要はなくなっています。その際に借用書を処分するか、支払ったことを証明するものをもらっておけばよかったです。昨年に貸主の相続人が来られたときも、きっぱりと拒否すればよかったですが、基本的に「毎月一万円返済する」という文書を書いてしまった以上は、支払う義務が発生してしまいます。ただ、相談した弁護士さんが訴訟にしたほうがいいと言ったこともわかります。昨年書いた文書に関しても何に関して一万円払うと述べたのかを争うこともできるでしょうし、借用書が現在でも有効なのかを争うことができることも考えられます。105万円相手に払うか、それとも弁護士を雇って支払いを拒否するか、どちらかを選ぶことになるでしょう。

質問者: 返答済み 9 日 前.
26089;速のご返信ありがとうございます。従姉妹にも内容を伝えて今後の方向性を考えたいと思います。別の観点からの疑問もあります。
貸主が亡くなった後の相続人たる未亡人と成人した息子二人に一人暮らしの家に訪ねて来られて、精神的に圧迫感を感じて返済の旨を書いてしまった事については借主である従姉妹にとって有利な情状酌量の余地は無いのでしょうか?
適当な表現かどうかは分かりませんが、強迫観念を持ったと思います。
一人暮らしの家に3人で来て返済を迫り、近所の人の目を気にして、無理やり書かされたと言う状態とは考えられませんか?

>精神的に圧迫感を感じて返済の旨を書いてしまった事については借主である従姉妹にとって有利な情状酌量の余地は無いのでしょうか?

→それも十分に酌量の余地はあります。精神的な圧力によって書かされたことによって、その返済の旨の書面の有効性を争うこともできるでしょう。ただ、相手は当然有効だと主張してくると思いますから、そこは訴訟によって争うことになると考えられます。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12354;りがとうございます。
従姉妹と相談して、より良い判断をして参りたいと思います。

お役に立てて幸いです。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問