ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 6780
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

不倫に 不倫についての相談はよろしいでしょうか アシスタント:

ユーザー評価:

不倫に 不倫についての相談はよろしいでしょうか
アシスタント: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
質問者様: 群馬県伊勢崎市になります
アシスタント: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
質問者様: 不倫をして、相手の女性から旦那に言うと脅されています

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
ご質問内容、拝見させて頂きました。

「不倫をして、相手の女性から旦那に言うと脅されています」
とのことですが、差し支えのない範囲で構いませんので詳細をお聞かせ頂ければ、お答えさせて頂きたく存じます。
宜しくお願いします。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

質問者: 返答済み 17 日 前.
30456;手の女性と性行為を行った際に合意の上避妊せず、行って、女性から旦那に言って、責任をとらせる旨と言ってきました

ご返信、ありがとうございます。

ご相談者様は、相手方が既婚者だと知って行為に及んだのでしょうか。

また、「責任を取らせる」とは、相手方は妊娠したのでしょうか。

質問者: 返答済み 17 日 前.
20986;会い系サイトで知り合いました。相手も私も既婚です。昨日、性行為しただけです。

ご説明、ありがとうございます。

あくまでも可能性としてですが、最初から脅迫目当てというのも否定できませんね。

またそうでなくとも、自ら出会い系サイトで積極的に性行為の相手を探していた場合、相手方にも相応の責任が生じます。

加えて、相手方の夫がご相談者様へ慰謝料請求しても、ご相談者様の奥様も、相手方に対する慰謝料請求権を持ちます(現時点でお話しする必要はありませんが)。

相手方に対しては、慰謝料を請求するのであれば弁護士を通して法的手順を踏み請求してくるよう通告なさってはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 17 日 前.
31034;談する場合は、どのような形になりますでしょうか。訴えられてからでしょうか?

いいえ、訴えたりする前に、示談金を以って示談成立とします。

婚姻生活10年以上の夫婦が不貞行為が原因で離婚に至った場合の慰謝料が、200~300万円程度が相場と言われています。

相手方が、自ら出会い系サイトを利用し積極的に性行為の相手を探していた事情を加味すると、30~50万円程度が妥当かと存じます。

(あくまでも個人的な見解です)

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

お電話でのご質問、ありがとうございました。

相手方が行うと言って脅かしている行為は、号相談者様に対する名誉棄損及び威力業務妨害に問われる可能性があります。
まず、誹謗中傷ですが、誹謗中傷とは単純に相手方に対する悪口や貶める発言のことを言い、それが違法行為と認められるには、名誉棄損にあたるかが問題となります。
刑法では、名誉毀損の成立要件は、以下のように定められています。
第一項:公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
第二項:死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。
上記の法律文をわかりやすく要約すると、以下の3つの要件を満たす場合に、名誉毀損が成立します。
・社会的評価を下げる可能性がある
・具体的な事実を挙げている
・公然の場である
ゆえに、事実を言ったのだとしても名誉棄損には該当しますし、広く世間一般に公表する意味合いを持って『公然』と言えます。
また、この行為により通常の業務に支障をきたすことがあれば、これは会社の業務に対する威力業務妨害にあたる可能性もあります。
威力業務妨害罪とは、
「刑法233条
虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又は業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」
「刑法234条
威力を用いて人の業務を妨害した者も、前条の例による。」
と定められております。
以上のように現状、相手方が行うと示唆している行為は、刑法に違反する犯罪行為として罰せられる可能性がると共に民事においても勤務先から損害賠償を請求される可能性があります。

この旨は事前に通告し、ある意味、釘を刺しておいても宜しいかと存じます。

法律 についての関連する質問