ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 6054
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

家内との関係がうまくいかず、今後別居→離婚を考えたいと思っています。子供は高校生ひとりと中学生一人の二人で、持ち家あり(

ユーザー評価:

家内との関係がうまくいかず、今後別居→離婚を考えたいと思っています。子供は高校生ひとりと中学生一人の二人で、持ち家あり(ローン返済ずみ)、養育費はいつまで、どの程度支払う必要ありますか?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京度になります 東京都です、失礼しました。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 具体的には、財産分与の範囲(退職金を含むのか)や分け方(妻に持ち家を渡すつもりですが)、養育費のレベル(共働きですが、家内との年収差は1200万円程度)を勘案して、離婚条件を提示したいと思いますが、そもそも妻がそうしたことを理解できるのか、理解させるにはどうすれば良いのか悩んでいます。子供二人の養育費(共に幼稚園から私立)を勘案の上で、妻は基準より多く払って欲しいと言ってくるものと思われますので。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

Q:養育費はいつまで、どの程度支払う必要ありますか?

A:これは双方の協議で決めます。18歳・成人するまで・大学卒業まで、などが一般的です。

Q:財産分与の範囲(退職金を含むのか)や分け方(妻に持ち家を渡すつもりですが)

基本、夫婦生活の中で築いた財産は、等分して財産分与することになります。

これは退職金も含まれます。

ご自宅の現在の評価額にその他の資産、推定される退職金の額を合算、等分し、そこからご自宅の評価額を差し引いた金額を奥様へお渡しすれば宜しいかと存じます。

Q:養育費のレベル

養育費は、裁判所が作成した養育費算定表から、双方の収入、子供の年齢と人数などを考慮し算定されます。

宜しければ下記URLをご参照ください。

養育費計算ツール↓

https://www.dun-laoghaire.com/child_support_tools/

養育費算定表(裁判所)↓

https://www.courts.go.jp/toukei_siryou/siryo/H30shihou_houkoku/index.html

Q:そもそも妻がそうしたことを理解できるのか、理解させるにはどうすれば良いのか悩んでいます。

A:現在は、ご夫婦のみで離婚協議を行っている状況でしょうか。

もしそうであれば、家庭裁判所での離婚調停で協議をなさることをお勧めします。

調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、判例に沿った案を提示してくれます。

その場で財産分与や、子供が居れば親権や養育費、婚姻費用(離婚成立までの妻子の生活費)など、離婚に関する全ての事項を協議することができます。

また、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。

加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。

ぜひ、ご一考ください。

夫婦関係調整調停(離婚)

https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_07_01/index.html

離婚調停の流れ

https://rikon.authense.jp/arbitration/model.html

質問者: 返答済み 13 日 前.
12372;連絡ありがとうございました。先ずは別居をして離婚調達かと思いますが、別居する前の注意事項あればお願いします。
質問者: 返答済み 13 日 前.
20855;体的には、妻の銀行口座の残高など確認しておくほうが良いものがあれば、教えて頂きたいです。

こちらこそご返信、ありがとうございます。

おっしゃる通り、現在の夫婦の共有財産を事前に把握しておくことが出来れば、後の財産分与の際に役立つと思量します。

質問者: 返答済み 13 日 前.
20182;にございますか?

可能であれば、ご自分名義の預金(おそらく通常は奥様が管理していると思われますが)を、ご自身で管理できると最良です。

ただ、公共料金や諸々の引き落とし口座になっていると、難しいかも知れませんね。

質問者: 返答済み 13 日 前.
22971;の資産内容は分かりかねるのですが、調べる手立てはありますか?

これは本人に申告させるしかないかと。

もし調停になれば調停員から資産の公開、提出を求められます。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12414;た、結婚前からかけている生命保険、結婚後かけ始めた学資保険はどうなりますか?あとニ年で満期を迎えます。
質問者: 返答済み 13 日 前.
33258;身の財産もそうですが、結婚前と後の資産の証明はどの様に確認出来ますか?
質問者: 返答済み 13 日 前.
37329;額の確認のことです。

Q:また、結婚前からかけている生命保険、結婚後かけ始めた学資保険はどうなりますか?あとニ年で満期を迎えます。

A:結婚前から掛けていた保険の満期金額から、結婚前に掛けていた金額を差し引き、財産分与対象となさってはいかがでしょうか。

学資保険は基本的に財産分与対象になります。

保険料の支払元となっているお金が夫婦共有財産なので、保険という形になっても夫婦共有財産と評価され、子どものために積み立ててきたお金でも、親同士が離婚するときには財産分与対象になり半額ずつに分けて清算します。ただ、あくまでも子供のためのお金と判断し、親権者へ渡す例も少なくありません。

Q:自身の財産もそうですが、結婚前と後の資産の証明はどの様に確認出来ますか?

A:通帳の入出金の日付から判断するのが一般的であり、「証明」の方法はありません。

質問者: 返答済み 13 日 前.
39178;育費には学校関係のひよも含まれますか?

それも込みで養育費ですが、離婚の際に、進学などで特別な費用が掛かる時は別途協議し負担すると取り決める例が多いです。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12381;の場合は養育費を払う方が全額を負担することが多いのでしょうか?
質問者: 返答済み 13 日 前.
12362;そらく、保険も含めて全額の半分以上が不動産(当方名義)となり、これを妻に譲渡することを考えています。養育費は期限の利益が守られ、学校に関わる特別な費用が追加となるものと思います。

Q:その場合は養育費を払う方が全額を負担することが多いのでしょうか?

A:そんなことはありません。基本、養育費を支払っているのですから、あくまでも補助的な役割となります。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12424;くわかりました。ありがとうございました。

こちらこそご質問、ありがとうございました。

今回のご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問