ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5819
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

よく経済的DVは生活費を渡さないと聞きます。共稼ぎですが自分にかかる費用は全部自分で賄うとの話し合いに応じてしまい毎月マ

ユーザー評価:

よく経済的DVは生活費を渡さないと聞きます。共稼ぎですが自分にかかる費用は全部自分で賄うとの話し合いに応じてしまい毎月マイナスで夫から、
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 神奈川です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: はい、まだ文面が途中で送信してしまいましたが…

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

一般的に、経済的DVに該当すると判断されるのは、配偶者の金銭的な自由を奪い、経済的に追い詰めるような行為である場合が多いです。

ただ、経済的DVに該当するかどうかについては一律の基準があるわけではなく、様々な事情を総合的に考慮して具体的に判断されます

そもそも夫は妻子を扶養する義務があり、日本においては(先進国として恥ずべきことですが)男性と女性に収入格差があるのは歴然としています。

夫が、夫婦での生活について協力をしないという状況であれば場合によっては、法定離婚事由である「その他婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当するといえる可能性もあり、経済的DVに該当する可能性もあります。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問