ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1973
経験:  所長
64397026
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

個人で酒類小売免許を取得しようと考えております。 所要資金額の証明に通帳のコピー or 残高証明書は必要ですか?

ユーザー評価:

個人で酒類小売免許を取得しようと考えております。所要資金額の証明に通帳のコピー or 残高証明書は必要ですか?また申請するタイミングの何日前まで証明書は有効ですか?

ご質問いただき、ありがとうござます。

申請の手引きには「自己資金の場合は資金捻出の根拠説明書、融資の場合は融資証明書を添付してください」とありますので、営業用の通帳のコピーまたは取引残高証明書が必要です。

なお証明書を添付する場合は発行日から3か月以内です。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12372;回答ありがとうございます。通帳は、個人のものだとNGでしょうか?
新たに営業用通帳を作った方が良いでしょうか?

ご返信いただき、ありがとうございます。

個人事業主としてのであれば個人名の通帳でも構いません。青色申告するために開業届を提出されるなら、屋号の入った専用通帳に資金を入れておきましょう。

会社などの法人経営をされるなら、会社登記をもって新通帳を開き、資金を入金しましょう。

dai60962000をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問