ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 9080
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

先程質問させて頂いた者ですが、18歳の非嫡出子を認知できない場合に認知をしないで認知した場合と同等の効力(法律上の親権者

ユーザー評価:

先程質問させて頂いた者ですが、18歳の非嫡出子を認知できない場合に認知をしないで認知した場合と同等の効力(法律上の親権者の責任・義務)を発生させることができる方法(契約・遺言・公正証書等)を教えて頂きたい
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 兵庫県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 親権者が現在いるが、万一の不測の事態を想定して事前に後見人や代理人の選任は可能ですか、可能であればその方法と費用を教えて頂きたい

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。

まず、認知をする場合は、お子様が未成年者の場合は、お子様やその母親の同意も不要です。

一般的には、母親が、父親に認知を求めるケースが多く、それを相手が認めない場合に、強制認知(裁判認知)となります。

それなので、認知が出来ないことはありません。

また、お子様が、成人の場合は、お子様の同意は必要となりますが、応じない場合は、裁判認知が出来ると思います。

どうしても、ご相談者様が生きている間は出来ないと言うのであれば、遺言で認知をすることも出来ます。

その場合は、ご相談者様が亡くなった後に、そのお子様が、相続人となれます。

supertontonをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 日 前.
36820;信ありがとうございます。電話でのご相談を希望いたしました 宜しくお願い申し上げます。

お返事ありがとうございます。誠に申し訳ございませんが、私の方では、電話相談は受けておりませんのでご了承下さい。返信で、ご相談は可能です。どうしても、電話相談をご希望の場合は、他の専門家をお待ち下さい。よろしくお願いいたします。

法律 についての関連する質問