ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3697
経験:  行政書士事務所代表
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

出産した,

ユーザー評価:

出産した
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 失礼いたしました。東京都で出産した者です。産休直後に、たまっていた有給休暇を(育休前に)消化することは通常可能でしょうか。可能な場合、条件、留意点等はございますでしょうか。なお、会社からは「産休終了月に有給を11日以上取得されると、少額かもしれませんが育児休業給付金が減ることに繋がります。産休(無給)期間を含む満額でない給料が、給付金の算出におけるベース金額に含まれるためとなります。11日未満の取得であれば、給付金の減額は減りません。」との説明を受けておりますが、調べましてもこの意味(根拠)が理解できていないじ状況です。付与されている有給休暇が来年4月(及び再来年4月)で消滅するのがもったいないと思い、このようなことを考えている次第です。お手数ですが、何卒ご教示のほどお願い申し上げます。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 特段ございません。どうぞよろしくお願いいたします。

産休とは、出産予定日の6週間前から出産後8週間まで休業すること。 育休とは、産後休業の翌日(産後57日目)から子どもが1歳になるまで休業することで、最長子どもが2歳になるまで伸ばすことが可能です。産後1年で復帰すれば残しておいた有給は復帰後も使用できます。しかし、産後2年で復帰すればせっかく残しておいた有給は消滅してしまいます。この面から見ますと、先に有給を取得しておいた方が得になることがあると言えます。

そして、会社が「産休終了月に有給を11日以上取得されると、少額かもしれませんが育児休業給付金が減ることに繋がります。産休(無給)期間を含む満額でない給料が、給付金の算出におけるベース金額に含まれるためとなります。11日未満の取得であれば、給付金の減額は減りません。」と言ってきていることについてですが、有給を取得しても給与には関係ないわけですから、育児休業給付金が、減ることはないかと存じます。育児休業給付金は休業前の賃金に応じた額の給付金を受け取ることができまして、産休・育休期間中は、給料の5~7割に相当する手当金や給付金を、健康保険や雇用保険から受け取ることができますが、これに関しても影響はしてこないです。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12354;りがとうございます。それでは、産休→有給(残っております45日全て)→育休、の順に取得しても、「育児休業給付金」が減額されることはないと理解してよろしいでしょうか。会社からの説明(国のルールとのことですが)「産休終了月に有給を11日以上取得されると、少額かもしれませんが育児休業給付金が減ることに繋がります。産休(無給)期間を含む満額でない給料が、給付金の算出におけるベース金額に含まれるためとなります。11日未満の取得であれば、給付金の減額は減りません。」が完全に無視できず、上記質問と併せまして、この会社回答(「11日云々」)等についてのご見解をお伺いできますと幸甚です。何卒宜しくお願い申し上げます。

はい、おっしゃるとおりです。

会社のいう少額だが減ることがあるかもしれないというのは、育児休業給付金が「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」をもとに、育児休業を開始する前6ヵ月間の賃金を180で割った金額であって、その計算の基本となる賃金には、残業手当が含まれるので、有給を取っている日には残業代がつかないため、少額減ってしまう可能性があるということを伝えているのかもしれません。現在妊娠中ということで残業をあまりしない、していないということであれば、育児休業給付金には影響しないでしょう。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12354;りがとうございます。五月雨式のお尋ねとなり大変恐縮です。記載いたしました通り、現在は出産後でございます。また記載しておりませんでしたが(ご回答に無関係と思いましたので)、育休取得中に妊娠、出産となり、現在に至っております。この過程で会社とのやり取りが発生したものでございます。したがいまして、まず、残業代は考慮されていないものと考えております。恐縮ですが、上記のように前提(条件)が増えたことにより、確認をお願いしております「11日云々」に関する考え方は変わりますでしょうか。

ごめんなさい、すでにご出産後ということですね。でしたら残業代は考慮されませんね、11日の件ですが、11日未満の取得であれば、給付金の減額は減らない、の根拠が、不明ですので、もしかして何か会社独自と規定があるのかも知れず、会社に対して、具体的に10日取得した場合と20日取得した場合では、どのくらい異なるのか(異ならないのか)を会社に確認してみるのがいいかと存じます。会社の規定があったとしても法律より不利益にすることはできないのであるとしたら、プラスの規定ですね、それが有給を取ることによって該当しなくなる可能性があるとか…。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12354;りがとうございます。「11日云々」の点は、先に記しました通り、「国のルールにより」との説明を会社から受けておりますが、このルールは不明でしょうか。自分で調べましたところわかりませんでしたので、今般お尋ねすることに至った次第でございます。恐縮ですが、プロの方のお知恵を拝借したいと存じておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

貴方に対したは11日云々の事は関係ないと思いますよ。

今回の育児休業給付金の条件として、入社して1年未満の場合で、前職での雇用保険加入期間をあわせて育休開始前2年間に、11日以上の勤務がある月が12ヶ月以上ある労働者が受給対象となるのですが、この基礎となる計算で 出勤日+有給取得日数が11日以上ある月が12か月以上あること、とされているので、その11日のことを会社は言っているのかもしれませんが、今回の貴方の有給の取り方のパターンにはこの11日云々は無関係ですよ。

質問者: 返答済み 15 日 前.
12372;回答、ありがとうございました。

マイナス評価とのことですが、正確な根拠も挙げお伝えしたつもりですが(貴方には該当しなかった為他の例を出した)何かご不満がございましたでしょうか。

Loweをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問