ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5913
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

息子が妻に暴力をふるいそれが保健師がに分かり保健師が警察に相談に行きました。息子が妻と話し合い息子がもう暴力はしないと約

ユーザー評価:

息子が妻に暴力をふるいそれが保健師がに分かり保健師が警察に相談に行きました。息子が妻と話し合い息子がもう暴力はしないと約束したのですが、1ヶ月後保健師が息子の妻と娘を連れてシェルタに保護されたみたいです。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 福島県
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 息子と息子の妻は別れたく無いのに別れさせようとしています。
質問者: 返答済み 11 日 前.
28961;書類を作成する時に子供は父を恐がっているとするようにと言われたみたいですです。でも子供はすごくなついでいます。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
(電話相談の案内が自動的に表示されますが、ご不要の場合は画面の『×』で消して頂けますようお願い申し上げます)

離婚は夫婦双方の意思がない限り成立はせず、いくら当該保師が画策しても、成立するものではありません。

現状、息子様の奥様はシェルターに保護されているとのことですが、保護が解除されればまた話し合う機会はあります。

対応策として、裁判所の調停で夫婦の今後を協議なさってはいかがでしょうか。

調停は離婚前提のみではなく、夫婦関係の修復と今後の生活をより良くするために話し合う『夫婦関係調整調停(円満)』というものがあります。
こちらをご検討なさることをお勧めします。
調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、判例に沿った案を提示してくれます。
その場で、今後の夫婦のあり方や、約束事など、夫婦関係を継続するにあたり必要なこと全てを協議することができます。
また、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。
加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。
ぜひ、ご一考ください。

夫婦関係調整調停(円満)裁判所↓
https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_07_02/index.html

質問者: 返答済み 11 日 前.
20445;護の解除はどのようにすれば良いのですか。
息子の妻はここに入ると1ヶ月は出れないと言われてるみたいです。
本来息子との連絡は駄目だそうですが、内緒で連絡はしてるみたいです。
息子の妻と子供が連れて行かれたのは息子には内緒で連れて行った見たいです。
探しに探し回って息子は自殺迄考えたくらいです。
質問者: 返答済み 11 日 前.
20445;護の解除はどのようにすれば良いのですか。

ご返信及び丁寧なご挨拶、ありがとうございます。

現状はあくまでも一時保護という状況であると思われ、奥様が自宅へ帰っても大丈夫であろうという判断がなされれば保護は解除されるかと存じます。

しばらくすれば、施設側から夫に対する面接などを行います。

そこで今回の暴力に対する反省や今後同様の行為を行わない旨の約束、そのための努力や方針などを話し合います。

今、焦ってどうこうしようということではなく、現状は暫し静観し、今後の生活設計を考え、説明できるようにしておくのが一番です。

そしてご相談者様は、今、焦るべき立場ではなく、息子様を諫め、一緒に今後のことを相談してあげるべき立場だとお考えください。

DVシェルターに入れる期間↓

https://www.fukuoka-dvmora.com/1325/1325009v/

質問者: 返答済み 11 日 前.
38626;婚をさせる方向で進んでる見たいですが。

離婚は夫婦双方の意思がない限り成立はせず、いくら当該保師が画策しても、成立するものではありません。

奥様に無理矢理、離婚届に署名捺印させても、それのみで成立しません。

ご安心ください。

ご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問