ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3854
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

2019年8月に解決しているはずのトラブルがまだ相手からいやがらせと脅迫があります。相手はわかっているのですが弁護士に依

ユーザー評価:

2019年8月に解決しているはずのトラブルがまだ相手からいやがらせと脅迫があります。相手はわかっているのですが弁護士に依頼して警告と今後の対応してます。しかしながらまだ嫌がらせが続きます。
2020年3月には弁護士とのメールのやり取りの内容に脅迫と家に脅迫文郵便で送りつけるなどありましたが、刺激しない方がいいとのことで警察やへの届や告訴などという行動はとらないでいました。
しかし今年に入ってもまだSNSなどであからさまに中傷やいやがらせがあります。犯人特定できているのですがどうすれば犯罪行為ということをりかいさせられるのでしょうか?
わたしの希望は、
犯罪行為ということを理解させる。
もう、警察へ届けたい。
相手に全科が付いた場合、今後私にかかわらないという本人意識ができる?またかかわってはいけない法的処置ができる?
執行猶予期間中にSNSや郵送物などによる嫌がらせ行為をさらに続けた場合どうなる?
執行猶予明けてからもいやがらせされた場合どうなる?
いろいろすみません。可能な範囲でおしえてください。

お答えします。

弁護士に依頼し警告しても直らないような相手であれば、警察に届け出ることです。

執行猶予期間中や執行猶予明けてからもいやがらせを行う場合は、より罪が重くなります。

また経済的にも損害賠償や慰謝料を請求され、嫌がらせが続けられないようにすべきでしょう。手続きは今依頼されている弁護士に頼まれることです。

専門家287tzx75をはじめその他4 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問