ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 9084
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

弁護士と契約時、着手金の支払いを分割で良いと言われ、34万の内、21万を先に支払いました。いじめの調査報告書に対し、いく

ユーザー評価:

弁護士と契約時、着手金の支払いを分割で良いと言われ、34万の内、21万を先に支払いました。いじめの調査報告書に対し、いくつか訂正を求める書面を作ってもらい(私が時系列でまとめた書類を見て弁護士が作成した)市教委に発送してもらい、その結果がでしだい、残金を振り込むことをメールで了承得ておりました。結果が出る数日前に、弁護士から辞任の書面が私の自宅に届きました。私が着手金の残金を支払わない為、辞任したとのこと。事前に連絡をしなかったのは敢えてそうしたと、残金は払わなくて良いから、支払った分は返金しないと言われ、返ってきませんでした。紛議調停もしましたが、返金しないとのこと。どうすれば良いですか?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 埼玉県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: この弁護士はただ調査報告書の訂正部分の書類を作っただけで、交渉など一切ありません。事務手数料も4万4千円払っていますが、戻ってきませんでした。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話しから、分かる範囲でご回答致します。

まず、着手金に関しては、戻って来ないお金ですので、返金の請求は難しいかもしれません。

また、請負契約ではなく、委任契約だと思いますので、ご相談者様の思惑通りの結果に成らなくとも、事務手数料は、発生します。

それでも、問題となるのは、着手金の問題があるとしても、途中で、業務を放棄したことかもしれません。

埼玉県弁護士会にご相談されると良いでしょう。

それ以上に、他の弁護士の先生にご依頼されて、本来の目的に戻った方が良いかもしれません。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
26481;京第二弁護士会に紛議調停も行いましたが、返金はしないとのことでした。懲戒免職の手続きは行えますか?

お返事ありがとうございます。懲戒免職を求めるのは、難しいと思いますが、あくまでも、契約は、民事なので、返金交渉を続けてみるのも手かもしれません。それ以上に、他に、親身になってくれそうな専門家を探した方が良いかもしれません。

法律 についての関連する質問