ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士のエイティに今すぐ質問する
弁護士のエイティ
弁護士のエイティ, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 819
経験:  弁護士
108532725
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
弁護士のエイティがオンラインで質問受付中

結婚していないカップル(非同棲)の間の非嫡出子で発生する養育費について, 福島県です

ユーザー評価:

結婚していないカップル(非同棲)の間の非嫡出子で発生する養育費について
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 福島県です ちなみに私は学生で、相手が社会人です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 私が精神的に限界が来ていて、自殺未遂をするまで彼女に追い込まれていた状態になっていたこと

はじめまして、弁護士のエイティと申します。

非嫡出子である以上、男性側は認知をするまで、養育費を支払う義務がありません。

子の母親としては、裁判所に調停を申し立てて、認知を求めることになります。

調停で合意ができなければ、子の母親が、強制認知を求める訴えを提起して、白黒つけることになります。

法律上の手続はこのようになっておりますので、ご相談者様が認知する意思がないのであれば、裁判所できちんと手続をするように相手方に伝えるとよいと思います。

相手方に追い込まれて自殺未遂をなさったとのことですので、この点は、相手方の言動が社会常識の範囲を超えた酷いものであった場合には、認知の問題とは別に、ご相談者様から相手方に、不法行為による慰謝料請求をなさることが考えられます。

ただ、これが認められるためには、どのような言動があったのかについて客観的な証拠が必要ですので、電話やラインなどのやり取りを証拠に残しておいたり、日記等で日々相手方からの言動を記録しておくなどの方法で、証拠として残しておかれることをお勧めします。

これで頂いたご質問へのお答えになっておりますでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

弁護士のエイティをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
35469;知はしてありますので養育費の支払い義務が発生している状況です
質問者: 返答済み 8 日 前.
20877;度見たくなくて、トーク履歴を消してしまっています
そして、いつも口頭での言い争いで喧嘩になっていたので証拠品がありません

ご評価ありがとうございます。

新たなご質問にも回答をつけましたので、ご覧ください。

法律 についての関連する質問