ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3633
経験:  行政書士事務所代表
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

後見人制度の勉強をしました。思った以上に縛りがあるので白紙に戻して、法定相続人である母にお願いしようと思います。認知症の

ユーザー評価:

後見人制度の勉強をしました。思った以上に縛りがあるので白紙に戻して、法定相続人である母にお願いしようと思います。認知症の疑いがありますが、話は理解できますので私のサポートでまず、預貯金の相続手続きをしたいと考えております。相続税がどうなるのか見当がつきませんので、アドバイス頂ければ幸いです。

お母様が、判断能力がまだある(認知症でも初期ならOKです)ということでしたら、生前事務委任契約という制度があり、この契約をお母様と交わすということをすればいいでしょう。生前事務委任契約とは、大切な財産の管理や生活していく上での重要な手続きを他者に代理権を与え、委任するものです。 口約束や私製の契約書ではなく公正証書にしておくことで、対外的にも認められるので、生前事務委任契約書を作成してそれを厚生省にするといいです。

質問者: 返答済み 10 日 前.
12354;りがとうございました。検討してみます。厚生省とは、具体的にどこになりますか。住んでいるのは、胆振管内白老町です。

ごめんなさい、誤字です。

厚生省→公正証書 です。

公正証書は、公証役場という機関がお住まいの地域にあると思いますので、そこで作成します。

Loweをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問