ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2488
経験:  行政書士事務所代表
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

クリニックで手術の予約をして予約金を支払いました。手術をキャンセルしたくて予約金の返金を求めましたが、できないとのことで

ユーザー評価:

クリニックで手術の予約をして予約金を支払いました。手術をキャンセルしたくて予約金の返金を求めましたが、できないとのことでした。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 香川
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 契約書を交わしていないので、それで返金可能かどうかが知りたいです。

予約のキャンセルに対して、キャンセル料を徴収することについては法律で一律に禁止する定めはなく、料金を受け取る側と支払う側の契約に準じます。 そのため、当事者の合意により、キャンセル料を支払うことを合意した場合には、予約のキャンセルに対してキャンセル料を請求することは可能ですが、もしあなたがキャンセル料に関して説明を受けていなかった場合は、キャンセル料に同意をしていないとして支払いを拒否することができます。キャンセル料は当事者の合意によって請求が可能となるということです。通常キャンセル料が発生するのであれば、予約の際に、書面により説明しその書面に署名してもらうことにより、同意をとるべきといえます。 書面により同意をとることにより、後にトラブルとなった際、その書面を証拠とすることができますが、書面がない限り言った言わないのトラブルに発展することもあるからです。

質問者: 返答済み 8 日 前.
12372;返信ありがとうございます。予約の際に説明は受けました。そのことは相手側にも伝えました。
書面のサイン等はしておりません。この場合は合意にあたるのでキャンセル料は払うべきでしょうか。

キャンセル料についての説明はされていて、口頭でも合意したということであれば、口頭契約といって、双方の意志で同意されていると契約は成り立っているのです。つまり、キャンセル料の説明を受け、その時に了承したということでしたらキャンセル料の契約に同意したということになってしまうので支払い義務は生じてきてしまうことになります。合意サインはあくまでも後々のトラブル回避のための手段でそこに同意の意志があったことを形に残すということになります。

Loweをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
20998;かりました。ありがとうございました。

法律 についての関連する質問