ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4370
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

はじめまして、お願いしたい件があります。 東京都, 著作権の侵害についてご相談をさせていただきたいと思っています。

ユーザー評価:

はじめまして、お願いしたい件があります。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 著作権の侵害についてご相談をさせていただきたいと思っています。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

著作権侵害に関するご質問とのことですが、差し支えのない範囲で構いませんので詳細をお聞かせ頂ければ、私の分かる範囲でお答えさせて頂きたく存じます。

宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12399;じめまして。早速のご返信ありがとうございます。
内容につきましてまとめておいたものがありますので共有させていただきます。
質問者: 返答済み 16 日 前.
12300;ココナラ」というネット上でスキルやノウハウなどを販売/購入できるサイトにてトラブルがありました。
その件でご相談をお願いいたします。<概要>
先月(12月)にココナラの中で「副業」のノウハウをPDFにして、ある方(以下「Kさん」とします)に販売しました。
しかし、提供したノウハウが「Kさん」が既にご存じであった事から、別の内容を編纂しPDFにてご提供しました。
時系列としては、2020年12月27日21時21分
※この時点で転売禁止(かつ転売発覚時は法的措置をとること)の旨をマニュアル冒頭文書にて伝達済です。その後、日時は正確ではありませんが(ココナラに情報開示を請求すれば確認できる可能性はあり)、12月下旬から1月初旬にかけて「Kさん」が販売者側として、似たようなノウハウを販売しており(商品説明文からピンときました)、ココナラ運営に確認したところ「酷似したサービス」との回答を得ました。
(「Kさん」が販売している内容は、購入者が決済してはじめて確認ができるため、私が確認することは不可能です)<ココナラの対応>
・「酷似したサービス」との回答を頂く
・「Kさん」がココナラ内で1名に3000円で販売した形跡あり。
運営にて取引は中止。売上は発生していない。但し、第三者1名にマニュアルは提供された状態との事。
・「Kさん」には厳重注意を行い販売サービスは取り下げorオリジナルへ改変するよう通告を行ったとの事。
・法的措置には開示請求が必要 警察、弁護士を通じて請求があれば対応は行うとの事。<ココナラ運営の対応には一定の満足は得ているものの、以下の点にて問題が残っています>
以後、「Kさん」が転用(盗用)したノウハウをココナラでの販売はできない状態だが
似たようなサービス「スキルクラウド」「タイムチケット」、又は自身で(SNSなどを使い)販売することは可能
かつ、他プラットホームにて転用(盗用)したノウハウの販売があった場合、匿名性の問題もあり私の方で把握ができない<今後、法的措置を行う場合の懸念点>
・ココナラでは個人情報が伏せられているため、「Kさん」の居住地をはじめとして個人情報が不明
・手順が私の中で明確になっていない
・上記に加え、法的措置にはココナラへの開示請求が必要 警察、弁護士
・費用がかかると思うのですが、当方の主張が通った場合かかった費用を「Kさん」に請求できるか?
・「Kさん」に支払い能力がなかった場合に持ち出しと訴訟の労力だけが無駄にかかってしまう可能性はないか?
その辺りも懸念されるところです。

ご返信、ありがとうございます。

拝見した後、改めて回答を送信させて頂きたく存じます。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12362;願いいたします。

おっしゃる通り、K氏の今後の動向を危ぶむのは著作権者たるご相談者様としてはもっともかと存じます。

サイト運営者側が現時点での情報開示に応じないのであれば、、弁護士へ依頼しIPアドレス開示の上、相手方へ当該行為の差し止めを通告するのが、確かに最良です。

(一番、開示請求をして貰え易いのは、その書き込みが明らかに犯罪性があり、訴訟のために開示が必要(相手方が分からなければ訴訟が提起できない)という状況です)

ネットトラブルに詳しい弁護士先生へご相談すれば、開示できる可能性を示唆して頂けるかと存じますが、実際に開示請求や書き込みの削除を依頼するには、

・削除について、着手金が20万円程度、成果報酬金が15万円程度

・IPアドレス開示について、着手金が20~30万円程度、成果報酬金が15~20万円程度

・削除&IPアドレス開示について、着手金が30万円程度、成果報酬金が30万円程度

といった価格が相場と言われています(ただし、内容によって変わります)。

現時点においてご相談者様に被害が発生していない状況では、開示請求に掛かった費用をK氏へ請求するのは難しいかと存じます。

逆に今後、実際に被害が発生すれば、その被害額の賠償請求と、掛かった経費の請求も可能であると思量します。

ですが、ご懸念の通り相手方に資力がなければ、仮に強制執行により差押えまでしても、費用倒れとなる可能性もあります。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
12424;くわかりました。該当ページの削除はされました。また、費用感としては法的措置に出た場合の持ち出しのほうが多そうな印象ですね。(ココナラにて開示請求には応じるとのことではありますが)
恐らく具体的に動くことはしない判断になるかと思います。ありがとうございました。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

本来であれば相手方が動く前に手を打ちたいのはやまやまなのですが、やはり経費がネックになってしまいます。

その代わり、もし相手方に不審な動きがあれば、全て纏めての賠償請求も可能であると思量します。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問