ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
弁護士のエイティに今すぐ質問する
弁護士のエイティ
弁護士のエイティ, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 498
経験:  弁護士
108532725
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
弁護士のエイティがオンラインで質問受付中

こんにちは。 離婚した場合の財産分与についてお尋ねします。 神奈川県です, 主人とは結婚20年、結婚当初より共働き

ユーザー評価:

こんにちは。
JA: こんにちは、どういった事でお困りですか?
Customer: 離婚した場合の財産分与についてお尋ねします。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 神奈川県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 主人とは結婚20年、結婚当初より共働き 子供は長女20歳大学2年生、次女高校3年生(4月より短大が確定)です。ほかに必要な情報はありますでしょうか?

はじめまして、弁護士のエイティと申します。

ご相談内容の詳細を差し支えのない範囲でお教え頂ければ幸いです。

質問者: 返答済み 9 日 前.
21021;めまして。主人と今後の生活について話し合いをしている最中で、離婚も選択肢の一つになっているため事前に準備をしたく、ご相談を差し上げています。
子供の教育について数年前から意見が合わず、長女(現在大学2年生)の大学進学をきっかけにさらに溝が広がりました。何度か話し合いをしましたが、昨年3月(長女大学1年生の終わりころ)の話し合いをきっかけに、“納得いかない。大学を続けさせたいならお前が金を払え”と(言い方はもう少しソフトでしたが)ということで、生活費を払わなくなりました。もともと月額をそれぞれが給料から出し合い生活をしておりましたので、現在は、主人の口座から引き落とされているもの(マンションの管理費など4万円弱)のみが彼の負担、それ以外の費用は私の負担と家庭の貯蓄で補っている生活です。
質問者: 返答済み 9 日 前.
12362;尋ねしたいのは以下の通りです。
1.マンション(ローン完済)を売却した場合の分配について 私は連帯債務者でした。持ち分は2/10に割り当てられていました
2.子供名義の口座のお金はどう考えるのか
3.結納金で長女の学資保険を契約したが、それはどうなるのか(最短で受け取りは21年3月の状態)
4.調停途中で弁護士へ切り替えることは可能なのか
5.弁護士費用の成功報酬とはどの部分を指すのか(例えば、マンション売却費用の1-2割となるとかなりの高額ではないか?と懸念しています)できれば、費用を抑えるため自分で進めたいと思うものの、彼は用意周到なタイプなので最終的に弁護士の方に依頼できるのかどうか安心材料として持っておきたいと考えています。

弁護士のエイティです。

1、ご相談者様の具体的な生活状況等詳細を伺わないと確定的なことは申し上げられませんが、通常、婚姻20年のご夫婦であれば、財産分与は2分の1です。

債務の返済額や生活費の負担などに偏りがあったとしても、反対に家事労働の負担があるという言い方が可能な場合が多いからです(専業主婦であっても婚姻生活中に形成した資産である不動産は半分に分けます)。

2、お子さんがご自分のものとして管理している預金口座はお子さんのものですが、親御さんが一般の生活資金とは別に教育資金を取り分ける目的などでお子さん名義の預金口座を持っている場合は、夫婦共有財産として分与の対象となります。

3、結納金は本来婚姻前から保有する奥様の固有財産ですが、これを原資にして婚姻生活に必要な家財等を購入した場合、購入した家財等は夫婦共有財産として財産分与の対象とするのが裁判所の考え方です。
また、学資保険についても、これはあくまで親が子どものための教育資金を貯蓄したものとして、受取人が子どもであっても、やはり夫婦共有財産として財産分与の対象となります。
以上により、結納金で加入した学資保険も、財産分与の対象となると考えられます。

4、調停途中で弁護士が代理人としてつくことには何も問題ありません。
ただ、弁護士的には、ご自身で手続をお進めになった途中の事件をご依頼いただくより、当初からご相談頂いていた方がやりやすいです(たとえばご自身ですでになさった主張が法律的には不利になるものだとすると、そのフォローが必要になってしまいます)。
そのため、弁護士に依頼される可能性がある場合には、まず弁護士の面談相談を受けて、とりあえず自分で調停手続を進めたいが、もし必要な場合は途中から代理人について欲しい、という形で引き受けてくれる弁護士のあたりをつけておかれた方がよいかもしれません。

5、弁護士費用は現在は共通の報酬基準が廃止され、弁護士と個別に協議して決めることになっております。
ただ、一般的な弁護士は従来と同様の報酬基準を定めており、多くの弁護士は離婚事件について、着手金としていくら以上、成功報酬としていくら以上、その他離婚給付があった場合には得られた経済的利益に対して一定の割合の成功報酬を頂くという定め方をしているかと思います。
そしてご質問のマンション売却費用ですが、これは、財産分与という離婚給付に対する成功報酬になります。
本来、財産分与全体として得られた経済的利益を基準に成功報酬を計算することになりますが、ご相談者様のマンションの場合ですと、すでに持分のある2割は離婚にかかわらずご相談者様が有しておられる財産ですので、この2割分は除外して経済的利益を考えることになるかと思います。
例えば、他に分与財産がなく、マンションを売却した1000万円だけが財産分与の対象である場合には、半分の500万円から元々の持分である200万円を差し引いた300万円が、成功報酬の対象となる経済的利益と考えます。
従来の報酬基準ですと、経済的利益が300万円ですとその16%を成功報酬としていただくとしているのが一般的ですので、48万円という計算になります。
ただ、この割合は額が大きくなれば下がるのが一般的ですし(300万円以上3000万円以下の場合は10%+18万円など)、他に離婚本体の着手金を頂いていることとの兼ね合いから、減額して全体としていくら、という頂き方をすることも多いと思います。
なお、離婚事件本体の成功報酬は、離婚を成立させたことを事件の成果として○○万円という形でいただくものですが、これは離婚を請求している側の場合にのみ頂くのが一般的です。
このような報酬の考え方は、あくまで、従来の報酬基準に照らしておそらく一般的であろうという考え方をお書きしたものですので、実際にご依頼になる場合には弁護士に報酬の考え方をお聞きになることをお勧め致します。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12456;イティ様、
ご教示いただきまして、ありがとうございました。疑問点がクリアになりました。
追加でお尋ねします。家計は、年額でかかる費用を計算の上、月額で必要になる費用を主人と私でそれぞれ月額負担(給与所得に応じて出し合う)し、残った分を共通貯蓄に回していました(昨年3月まで)。主人の現在の給与額や貯蓄額はわかっていません。彼も私の給与額、貯蓄額はわかっていないと思います。(共通理解としては、“主人の方が年収は多少多い”ということくらいのはずです)
個人的には、明確な共通財産(マンションの売却費用、家計から負担していた主人の個人年金(離婚時に解約希望)、主人名義になっている家計の貯蓄(前述の月額の残った分。管理は私)、今回のお話では残念ながら子供名義の貯蓄及び私の結納金で支払った長女の学資保険)を折半、それ以外の貯蓄は折半せずにそれぞれ(金額不明のまま)でもいいかなと思っています。そのようなことは可能でしょうか?主人から、提示を求められたら開示義務がありますでしょうか。その場合、主人も正直に開示するのか否か少々疑問があります。

共働きで別財布の場合、協議離婚や調停離婚の場合には、相互に相手の財布を詮索せずに分かっている共有財産のみ分与の対象とするということはよく行われることです。
ただし、一方がこれでは納得しない場合には、預貯金は双方の名義のものをすべて明らかにして、折半とすることになります(調停でもそのように調停委員から誘導されますし、訴訟であればほぼそのような扱いになります)。

ただ、共働きであるものの、浪費家の片方が、倹約家であるもう片方の預貯金を目当てに折半を望んでくるような場合に不公平感が強く、問題となります。
このような場合には、婚姻生活への夫婦の貢献度、生活費の捻出割合、お金の使い道などをすべて明らかにして、分割割合を調整するということもあり得ます。

ただ、どこまで相手方名義の財産を立証できるかという問題は残ります。相手方が預金等の資産を任意で開示しない場合、裁判所を通じて銀行に照会をかけることもできますが、この銀行の○○支店にあるはず、というリストを提出して、その1回だけしか認められないのが通常です。
そのため、結局自分はきちんと開示したのに、相手方の財産は十分に開示できなかった、という事態は起こり得ることで、どうしても限界があると言わざるを得ないところです。

追加のご質問への回答は以上となります。当職の回答内容にご不明点がございましたら、補足致しますので、ご指摘下さい。
なお、このサイトは一問一答形式でご相談者様のご相談に専門家がお答えするシステムです。
今回はサービスでお答えしましたが、新たなご質問や追加のご質問については、いったん当職へのご評価を頂いてご質問を閉めていただき、別途、新しくご質問を立てて頂ければ幸いです。特に当初のご質問にボリュームがある場合には、細かく区切って新しいご質問としていただけると助かります。
新たなご質問を立てていただく際には、ご質問の最初に「弁護士のエイティから回答希望」とお書き頂ければ、引き続き当職が対応できると思います。
ご理解頂ければ幸いです。

弁護士のエイティをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
12456;イティ様
ご回答いただきまして、ありがとうございました。
一問一答形式の相談形式ということで大変失礼いたしました。
次回より、ご指摘の通り、区切った形で質問させていただきます。ご丁寧にご回答いただきまして、ありがとうございました。

こちらこそ、ご相談いただきありがとうございました。

高いご評価をいただき、ボーナスまで頂戴して、恐縮です。

また何かございましたら、ご相談下さい。

法律 についての関連する質問