ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 6705
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

整骨院を経営してますが、整骨院の開設者を社員にしていました。その社員が不祥事を起こしたので解雇しました。すると、その社員

質問者の質問

整骨院を経営してますが、整骨院の開設者を社員にしていました。その社員が不祥事を起こしたので解雇しました。すると、その社員が、故意に廃止届ではなく休止届を提出したために、営業できなくなりました。(廃止届をだせば、その場所に違う人で開設届の手続きが可能ですぐに営業が可能です)さらに、現地に200M付近に自分自身で別の整骨院を開業し、社員を半分くらいき、顧客は、ほぼすべてもっていっている模様です。1日1日利益が損なわれている状態ですが、この状態で、損害の賠償の訴訟は可能でしょうか? JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか? Customer: ***** JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか? Customer: 可能である場合は、どういったことをすればいいか?

投稿: 11 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  khyh1709 返答済み 10 日 前.

弁護士のkhyh1709といいます。よろしくお願いいたします。

少し事案を教えて頂ければと思います。

整骨院について、開設者である社員とご相談者さまとはどのような関係にあったのでしょうか、

また、整骨院は法人経営ではなく、その社員が個人事業主となっていたということでしょうか。

その社員が休止届を提出している、ということは、その社員にそのような権限があったように読めるのですが、

そうすると、法人の社員がそのようなことを勝手にできるとは思えませんから、なぜそのようなことができたのか、偽造等があるのか、

を確認させて頂ければと思います。

また、近くで別の整骨院を開業しているということですが、雇用契約や解雇時に、競業避止義務、

同種の業種につかないことや顧客の重複するような近隣で開業しないことなどの誓約は求められていたでしょうか、

これがないとなると、同じ整骨院を開業すること自体は、職業選択の自由としての営業の自由が保障されるために違法なものとはいえない、

ということになります。

法律 についての関連する質問