ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4209
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 男女トラブルの一件で、揉め事を今後しないために、縁を切ろうと思います。 奈良県です。

ユーザー評価:

よろしくお願いします。 男女トラブルの一件で、揉め事を今後しないために、縁を切ろうと思います。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 奈良県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 縁を切る旨や子供の件でも揉めていたため、認知をしない旨(血も繋がっていない)、自殺願望があるためそれを僕の責任にして欲しくないので、その旨を何かしらの証明できる形で置いておきたいんです。公正証書なり、内容証明書なり。 その作り方というか、サポートをして欲しいです、、

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。
ご質問内容を拝見させて頂きましたが、何かとても複雑な事情があるご様子とお見受けしました。

差し支えのない内容で構いませんので詳細をお聞かせ頂ければ、私の分かる範囲でお答えさせて頂きたく存じます。
宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12392;ても複雑ですが、よろしくお願いします。

ご返信、ありがとうございます。

ご質問内容をご記載頂き、最後に「以上」で締めて頂ければ、改めてこちらからご返信させて頂きます。

宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 9 日 前.
31777;潔にお伝えすると、相手の方と一筆誓約書を交わしたいと思っております。
その内容は先ほども書きましたが。・子供の認知や親権について(一切関与しない)
・今後一切接触しない
・これを交わした後のお互いの人生は関与しない
・車の修理代請求籍を入れていたと言うわけではありませんが、離婚のような形ですね。その記載の仕方などをお伺いしたいと思います。
公正証書や内容証明書などにした方が良いのでしょうか?以上

ご返信、ありがとうございます。

ご相談者様が男性で、ご自身の子ではない子供との認知を要求されている、また、生活に干渉され、かつ、車の修理代を要求されている(もしくはしている?)と解して宜しいのでしょうか。

質問者: 返答済み 9 日 前.
30456;談者の僕は正確に行くと、戸籍は性同一性障害のため女性なんです。(7月ごろに男性に変更予定)車代は相手の方にぶつけられ、請求をする状態です。
質問者: 返答済み 9 日 前.
20197;上

ご返信、ありがとうございます。

まずはご自身の主張を相手方に対して、内容証明郵便にて通告なさってみてはいかがでしょうか。
内容証明郵便はご自分で作成すれば郵送料1,200~2,000円程度です。
(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると2~3万円程度・自分で作成した書面の内容確認・添削だけでも2万円程度掛かります)

内容証明郵便は、「これを書いてはいけない」という決まりはありません。

自分の主張を間違いなく相手方へ通告したという証拠能力があり、きちんとした書面で通告すれば、相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。
ご一考ください。

下記URL、ご参照ください。

内容証明郵便の書き方↓
https://kigyobengo.com/media/useful/608.html
内容証明郵便(日本郵便)↓
https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html
ご自身で作成する場合は、こちらもご参照ください↓
https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2459

質問者: 返答済み 9 日 前.
12354;りがとうございます、内容証明書は法的にどれくらいの効力があるのでしょうか?

内容証明郵便に法的な拘束力はなく、あくまでも「間違いなく自分の意思を伝えた」という証拠の保存能力に過ぎません。

それを相手が拒んだ場合、裁判所での民事調停で協議をなさることをお勧めします。
調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、判例に沿った案を提示してくれます。
また、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。
加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。

民事調停をご存知ですか(裁判所)
https://www.courts.go.jp/saiban/wadai/1806minzi/index.html

質問者: 返答済み 9 日 前.
12394;るほどです。
畏まりました、僕が一番恐れているのは。
相手の方の自殺です。
殺してくれと脅迫もされました。例えば、遺書に僕の名前を書かれた場合などはどうなるのでしょうか。

「どうなる」ということはありません。

万が一、本当に自殺しても、ご相談者様が法的責任に問われることはありません。

質問者: 返答済み 8 日 前.
12394;るほど、畏まりました。
ありがとうございます。

こちらこそご質問、ありがとうございました。

以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問