ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4318
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

初めまして。

ユーザー評価:

初めまして。
JA: こちらこそ、初めまして。どういった事でお困りですか?
Customer: 私は地方公務員ですが、資産運用でFXを行っています。システムトレードによる自動売買の為、自分では一切取引を行っていません。システムによる取引の為、勤務時間中に成立する場合もありますが、これは職務専念義務違反に当たりますか?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 奈良県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 年間利益が8万円程のため、住民税の申告を税理士さんにお願いしています。(確定申告は不要のため)

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

確かに、国家公務員法第96条及び地方公務員法第30条では、公務員の服務の原則として「すべて職員は、国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当っては、全力を挙げてこれに専念しなければならない」と規定されており、「その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、政府がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない」とされていますが、ご相談者様の場合はシステムトレード。

勤務時間内にこっそりスマホでトレードを行うのと違い、なんら職務に影響を及ぼさず、例えて言うなら、

「勤務時間中に、宝くじの抽選が行われていた」

のと同じ。

職務専念義務違反には該当しないと思量致します。

質問者: 返答済み 16 日 前.
26089;々にご対応頂きありがとうございます。仮に取引履歴の情報が職場に漏れてしまった際、その履歴の情報から勤務時間中に取引をしていたとして処罰を受ける可能性はありますか。

ご返信、ありがとうございます。

それもシステムトレードゆえに、問われることは無いかと存じます。

トレードにおいて自らがその時その時で決裁(例えばクリックとか)をしている訳ではなく、業務に支障を及ぼす可能性自体が存在しないと捉えられるかと思量致します。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ご質問及びご評価、ありがとうございました。

ふと思ったのですが、例えば勤務中、システムも、自らも決裁を行っていなくとも、仕事そっちのけでチャートを眺めていたら、厳密な意味では「職務専念義務違反」にあたるかも知れません(立証は困難ですが)。

難しいですね。

また何かありましたらお声掛けください。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問