ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dai60962000に今すぐ質問する
dai60962000
dai60962000, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1616
経験:  所長
64397026
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dai60962000がオンラインで質問受付中

昨年、不動産を新規購入し新築の住まいを建てました。すると年末に訴状が届き、口頭弁論の呼び出しと答弁書催告を促されています

ユーザー評価:

昨年、不動産を新規購入し新築の住まいを建てました。すると年末に訴状が届き、口頭弁論の呼び出しと答弁書催告を促されています。購入した土地が、遺産相続にかかっており、遺産分割される前に売却されたとの理由で、正規に不動産仲介から購入した私には何の関係もないが287万ほどの損害請求を突き付けられています。これらの対応いただける弁護士を探しています。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都大田区
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 現在、私が購入した土地に賃貸併用住宅を建てました。その賃貸部分の管理は今回土地を購入した不動産会社が行っています。つまり土地の購入もその不動産会社の斡旋です。仮に相続などの権利問題がある中でこのような訴訟を起こされたばあい、仲介斡旋を行った不動産会社に対し訴訟を起こしたく思います。これらも含めて相談したいです。

ご質問いただき、ありがとうございます。

民法1040条1項 「減殺を受けるべき受贈者が贈与の目的を他人に譲り渡したときは、遺留分権利者にその価額を弁償しなければならない。ただし、譲受人が譲渡の時において遺留分権利者に損害を加えることを知っていたときは、遺留分権利者は、これに対しても減殺を請求することができる」

相続(所有者の死亡)発生後に相続財産を売却した方が本来法定相続分を上回る部分を他の相続人に返還すべきですが、第三者がその土地が相続財産となっているということを知っていた場合、返済を求められるということです。逆に言えばあなたたちがこの土地が相続財産であることを知らなったことを証明すれば大丈夫です。不動産業者(宅建業者)は契約前に重要事項説明書を説明交付しています。そこには権利関係の説明が書かれていなければなりません。これを証拠に反論すべきです。

訴状が届いている以上、反論しなければなりません。弁護士に依頼し裁判を争いましょう。弁護士に答弁書に訴訟費用は原告負担とすると書いてもらうことになりますが、負担を負う判決ふが出ることがあります。その場合その負担分は不動産業者に請求しましょう。

dai60962000をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問