ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4377
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

お世話になっております。同意書という形式において、同意をする人間の自筆による署名、日付、生年月日のみで効力はありますでし

ユーザー評価:

お世話になっております。同意書という形式において、同意をする人間の自筆による署名、日付、生年月日のみで効力はありますでしょうか。住所の記載をしない場合、効力は無しとなりますでしょうか。(電話番号は代わりとなりますでしょうか。)また、もし住所を記載させたとして、虚偽の住所を書かれていた場合には効力は失われますでしょうか。何卒よろしくお願い申し上げます。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

同意書にはこれでなくてはいけないという決まった形式はなく、「同意した」ということを証明する書類であり、下記の項目が必須とされています。

・タイトル(「同意書」「合意書」など)
・日付
・同意をあらわす旨の文面
・署名・捺印

以上の項目が揃っていれば、なにかが起きたときに証拠として認められるものとなります。

日付の記載がないと証拠として弱いものとなってしまう場合があります。

また、捺印がなくとも自署での署名であれば有効とされる場合があります。

住所は必須項目ではなく、虚偽の住所が記載されても合意書の効力に影響を及ぼしません。

ito-gyoseiをはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 21 日 前.
12354;りがとうございました!!!!大変迅速な対応、助かりました。引き続きよろしくお願いいたします。

法律 についての関連する質問