ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Loweに今すぐ質問する
Lowe
Lowe, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 5463
経験:  平成30年に行政書士事務所を開業。主に、相続案件、民法の家族案件(離婚・事実婚・遺言書の相談)に対応。研修や勉強会に積極的に参加し、知識を増やしながら、日ごろの業務をこなす。
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
Loweがオンラインで質問受付中

未払金督促が弁護士から来ました。7日間以内に支払わなければ法的処理の内容分

ユーザー評価:

未払金督促が弁護士から来ました。7日間以内に支払わなければ法的処理の内容分 支払計画書は出したが履行はできなかったので仕方がないのですが 支払意思はあり 出来ななかった理由は私も使い込みされ弁護士に依頼したが 進展なくあきらめざる得ずその債務を先行して処理していた為 いいわけですが
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 神奈川県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: それに関わり 5年前から法人申告できず 国税から再三指摘され 税理士に依頼し申告 一部納付 本年コロナで猶予をもらい 基の会社の姿に戻し始めたさなかでしたが 勿論支払の意思はあります

初めまして、分かる範囲で対応させていただきます。弁護士から未払金督促が届いたということは、貸主が弁護士に債権回収を依頼したということですね。弁護士の督促状が届いた後も返済がなければ、貸主が、弁護士に債権回収を依頼したということですが、弁護弁護士はあくまでも債権者の代理人に過ぎず、裁判所ではありません。そのため、弁護士も、裁判所を利用しなければ、強制的に金銭を回収するということはできません。したがって、7日間以内に支払えと記載してあったとしてもその期間を過ぎたら弁護士から金銭を強制的に回収されてしまうというわけではありませんので、交渉の余地があります。支払いの意思を伝えるべくその弁護士に連絡をしてみるといいかと思います。

Loweをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
26377;難うございます。現在 仕事の受注が入り始めており 一人で営業しており 諸処の対応が完全にフォローしきれない状況の為
この案件を受けて戴ける先生はいらっしゃいますでしょうか

お電話対応ありがとうございました。

質問者: 返答済み 1 年 前.
38651;話で話せて助かりました。

法律 についての関連する質問