ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3515
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

北海道に住むものです。自宅隣の空き地に, 北海道に住むものです。

ユーザー評価:

北海道に住むものです。自宅隣の空き地に
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 北海道に住むものです。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 自宅の隣の空き地に新築住宅が建築されることになりました。11月27日から工事が着工されるのですが、家を建てる位置を決める紐(長方形に囲まれています)が私の家から1.5メートルと非常に近く、落屑による雪害が心配で施工会社に近くても問題ないか否かを電話にて質問しました。その際、施工会社の回答は「多分・・・大丈夫だと思います」とのこと。心配で本当に問題ないかを強く質問しても同じ回答に終始。では、文章で問題ない旨の回答書が欲しいと伝えた所、それは出来ないとのこと。万が一の時のために、事前対応をしたいのですが、良い方法はありますか?
質問者: 返答済み 11 日 前.
65288;質問者からのリクエストをサイトが代理投稿)こんにちは。次のプレミアムサービスを希望していますが、ご提供いただけますか? サービス名:電話でのやり取り
質問者: 返答済み 11 日 前.
12418;う少し情報が必要な場合はその詳細をお知らせください。また別のプレミアムサービスをご提案いただければ、検討します。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

民法では「建物を築造するには、境界線から50センチメートル以上の距離を保たなければならない」と定められていますが、「この規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う」ことになっています。

一方、建築基準法では、隣地境界から建物を何センチメートル離さなければならないという決まりはなく、用途地域によって、建物は敷地境界線から1メートルまたは1.5メートル以上離して建てなければならない場合があります。

ご質問では境界線から1.5m離れているのでこの条件はクリアされていますが、問題は隣から落ちてくる雪害とのこと。

ご相談者様は、仮にその危険性が伺える場合は、損害の予妨を、そして実際に損害が発生した場合は、損害賠償を請求できる『妨害排除請求権』を有します。

改めて隣に対して、上記権利に基づき、ご相談者様宅が雪害に見舞われないような対策を講じるよう要求なさるのが宜しいかと存じます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問