ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
iwai-lowに今すぐ質問する
iwai-low
iwai-low, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 139
経験:  代表 at 岩井労務コンサルティング
109603228
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
iwai-lowがオンラインで質問受付中

訴えられる可能性があるかを知りたいです。

ユーザー評価:

訴えられる可能性があるかを知りたいです。仕事で、自社(A社)より、お客様の会社(B社)の従業員として、B社のプロジェクトに参加しておりました。
しかし、私がA社の社長と折り合いが悪く、軽いうつ状態になってしまった為、プロジェクトを辞退しようと考えています。ただ、プロジェクトの参加について、A社とB社で業務に関する内容、報酬、報酬の支払い時期、など契約書のようなものは一切取り交わしておりません。もっと言うと、私個人への依頼かA社への依頼かもはっきりしておりません。その場合、例えば「何らかの損害を与えた」などの理由で、B社が私またはA社を訴えられる可能性はありますでしょうか?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 愛知県です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: プロジェクトは9月下旬からスタートし、11月は報酬を出すと口頭では言われておりますので、請求書は準備しようと思っています。できれば11月分の報酬をもらい、自社(A社)に迷惑をかけずに、プロジェクトを降りたいと思っております。

初めまして。iwai-lowと申します。

社長との折り合いが悪いということでご心痛お察しいたします。

B社としてはプロジェクトの人員が確保できれば問題ないと考えますので、

損害を訴えるとすればA社に対してということになると存じます。

A社については社員を雇用するうえでプロジェクトを降りるということなどは、

ある程度予見できるものであるため、

原則としてその損害を従業員に対して求めないことが通例となります。

ご相談者様が下りることで多大な損害が出るようなことがあれば別ですが、

代替人員を送り込むことで決着するものと考えられます。

回答は以上となります。

ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

iwai-lowをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
12372;回答ありがとうございます。
A社対B社ではなく、私個人対B社となった場合は、私個人が訴えられる可能性があるということですね。
契約書を交わしていないので、口頭にはなりますが、B社からは個人で受けてもA社として受けてもよいと言われました。どちらのつもりでいるかは曖昧です。

法律 についての関連する質問