ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3439
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

ホホバオイルとアロマオイルを混ぜたものを売りたいのですが、どんな資格が必要でしょうか? 埼玉県です, 特にないです

ユーザー評価:

ホホバオイルとアロマオイルを混ぜたものを売りたいのですが、どんな資格が必要でしょうか?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 埼玉県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 特にないです

アロマオイル自体は日本国内においては『雑貨』に分類されているため、雑貨としての販売であれば特段、問題はないそうです。

ただ、化粧品として販売するには、薬事法の許可を得なければなりません。

『薬事法第12条(製造業の許可) 医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療用具の製造業の許可を受けたものでなければ、それぞれ、業として医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療用具の製造(小分けを含む)をしてはならない。』

雑貨として扱われているキャリアオイルと精油は雑貨同士ですからブレンドして販売すること自体に問題はありません。

ただし、精油などの効果・効能を口頭で説明したり、精油等に紹介表示をつけたりすることは薬事法に触れることになります。

『薬事法第68条(承認前の医薬品等の広告の禁止) 何人も、第14条第1項に規定する医薬品又は医療用具であつて、まだ同項(第23条において準用する場合を含む。)又は第19条の2第1項の規定による承認を受けていないものについて、その名称、製造方法、効能、効果又は性能に関する広告をしてはならない。』

つまり、効果・効能が保証されているかのような表示で販売を行うと薬事法違反となります。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 7 日 前.
12354;りがとうございました。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問