ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
low-counselorに今すぐ質問する
low-counselor
low-counselor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2059
経験:  学士 行政書士事務所所長
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
low-counselorがオンラインで質問受付中

新築の引き渡し遅延について悩んでいます, 栃木県です, ありません

ユーザー評価:

新築の引き渡し遅延について悩んでいます
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 栃木県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ありません

はじめまして、わかる範囲で対応させていただきます。新築の引き渡し遅延とのことですが、現状について差し支えのない範囲でおしえていただけますか?

質問者: 返答済み 12 日 前.
12372;返信ありがとうございます。
よろしくお願いします。
本来の引き渡し日は9月下旬でしたが未だ完成の目処は立っていません。
工務店の社長さんが我が家の担当者でもあり、何度かこれからの工期日程などご相談させていただき、その都度次回の施工の日にちを伺いますが言われた通りに行かず、今月は建築現場が止まっている状況です。
すでにローンの支払いも始まっていて、家賃の支払いと二重になってしまっていて、この先いつ完成するのか、きちんと完成するのかとても不安です。

現状のご説明ありがとうございます。住宅は建築がスタートしてから、天候や資材の都合などにより工事が遅れるといったトラブルが発生する可能性はあります。しかし工期が大幅に遅れ、引き渡しの期日を過ぎてしまう場合、新居に入居するまでの期間、今回のようにローンと家賃の支払いが重なって発生してしまうことになったりしたら損害が発生してしまいますよね。当初予定していた引き渡し日から遅れるような場合には、まず建設会社の担当者にどうして遅れているのかの説明を求めましょう。天候による遅れは仕方ない部分もありますが、何回、9月引き渡しのはずだったのであれば天候だけでは許されない遅延がおきていますので、遅延したことでかかった金銭の負担を誰がするのかを話し合ってください。半裸であれば、家を建てるには長期にわたる工事が必要となるので、建設会社から意思疎通をとりながら家づくりが進められるのが理想です。完全するかの不安もあるということですので、そのことについてもしっかりと説明責任を果たしてもらうことです。

質問者: 返答済み 12 日 前.
36933;れている原因などについては先月社長と話し合いの場を設けさせていただきました。
コロナによる資材搬入の遅れと契約を取り過ぎて現場が回らなくなったこと、それにより多忙になった自社大工さんの過半数に退職されてしまったことのようです。
現在、我が家の残りの施工箇所についても細かく打ち合わせさせていただきましたが言われた通りに行きません。
遅延損害金の話し合いというのは家賃にのみ発生するのもですか?それとも遅延したことによって発生したものは対象になるのでしょうか?
例えば引き渡しが遅れたことにより、Wi-Fiの支払いが先に始まってしまっています。

遅延損害金は家賃のみではなく遅延していることで実際に発生している実損について請求することができます。遅延したことによって発生した先に始まっているWi-Fiの支払い等ももちろん対象です。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12354;りがとうございます。
このまま話し合いを重ねてものらりくらりと交わされて、先に進まない場合、自分や家族を守るためにどのようなことをすれば良いでしょうか?
また、ただいま支払額約3000万円のうち、残金200万円ほどを残して支払い済みです。
いつまでも進まない場合、残る施工箇所の金額を精算して、現状で引き渡しを受けて、別の工務店などにお願いすることなどは可能なのでしょうか?

遅延損害金の話し合いというのは家賃にのみ発生するのものではなく実際に損害が生じているものについて請求ができますので、Wi-Fiの支払いが始まっているものについてももちろん対象になります。

話し合いを重ねてものらりくらりと交わされてしまうようでしたら、自分や家族を守るために弁護士に依頼することをお勧めいたします。弁護士に相談するといっても、普通はどのように依頼をしていったらいいか分からなかったり、初めから費用が発生してしまうのは負担になったりしますので、一度、お住いの地域の法テラス(日本司法支援センター  https://www.houterasu.or.jp/ )へご相談になってみることをお勧めいたします。法テラスでは法律にかかわる相談や法律案件に対応し、必要であれば弁護士の紹介も行っていますし、条件が合えば弁護士費用の立て替え制度もありますのでぜひご参考になさってみてください。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12431;かりました。ご相談になっていただきありがとうございます。

こちらこそこの度はご利用ありがとうございました。今回のご質問が一旦完了であれば、お客様の方でも完了させるため、最後に画面の星マークにてご評価をお願い致します。トライアル期間であれば、追加料金なしでご質問できますので是非ご利用ください。

low-counselorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問