ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
low-counselorに今すぐ質問する
low-counselor
low-counselor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2041
経験:  学士 行政書士事務所所長
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
low-counselorがオンラインで質問受付中

購入した自社株(未上場)についての質問です。自分

ユーザー評価:

購入した自社株(未上場)についての質問です。自分
未上場時の退職を停止条件として、私を売主としてから会社への売買契約を結びました。その後、株式が分割され100株を所持している状態になっております。2点質問があり1.上記売買契約は分割時に自動的に100株に変更されるものでしょうか。2.何らかの方法で退職後も株式を持ち続ける事はできないでしょうか。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 千葉県
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ありません

はじめまして、分かる範囲で対応させていただきます。

まず、1について、株式分割が行われたのであれば、株主が何かしなくてはいけないことがなく、自動的に株式分割がされます。次に2についてですが、ご自分の資金で購入されたのであれば、その株についてはあなたの物です。返却する必要はありません。退職時に株券をもらうなりすることになると思います。今後上場したり近々上場ということならば、証券会社に口座を作って、そこに株券を入庫することになります。

質問者: 返答済み 13 日 前.
2についてですが、
私を売主として、「未上場時に私が退職する事を停止条件として、効力が発生する」売買契約を結んでいます。
そのため、退職する際には株式の売却が必須となるかと思っておりますが、その認識は間違っているでしょうか?

いいえ、間違っているわけではないです。確かにその契約書を交わしている時点では退職時に株を手放さなければならないということでしょう。しかし、あなたの資金で購入した株は貴方に所有権があり、貴方に所有権がある限り、あなたの意志で売ることをやめることができるということです。今回の場合手付金等は発生していない契約ですので、違約金の取り決め等を同時にしていない限り、法的には意思表示をすることでその契約に従わないことができるでしょう。

low-counselorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問