ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3428
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

こんにちは。会社の社宅を社員ではなく、一般の方に貸し出ししたいのですが会社として何か申請や手続き等は必要でしょうか?

ユーザー評価:

こんにちは。会社の社宅を社員ではなく、一般の方に貸し出ししたいのですが会社として何か申請や手続き等は必要でしょうか?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 北海道です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ありません。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

当該社宅が会社所有の不動産であれば、会社として了承していれば特段の問題はないかと思量しますが、もし会社が賃貸借している物件であれば、賃貸契約を結んでいるのは会社と建物所有者であり、法人契約の場合は社員を住まわせるのが条件になっているかと。

社員の場合、雇用契約を解除してしまえばその社員自体は賃貸契約は結ばれておらず、退職とともに住む権利が失われ、また、社員以外の人間に貸すのもこれと同様、本来の契約の主旨から外れ、『転貸借(また貸し行為)』と見なされる可能性があります。

賃貸人の許可のない転貸借は契約解除理由になりますので、事前に賃貸人側(大家・管理会社)の許可が必要となります。

許可の元の話なら一般の賃貸契約に準じますので、社員以外の貸し出しに問題はないかと存じます。

質問者: 返答済み 9 日 前.
12372;回答ありがとうございます。
当該住宅は会社所有の不動産になります。ですので、その不動産を社員ではない第三者に貸し付け、収益を得る場合でも会社として何かしらの手続きや許可は必要ないと考えてよろしいでしょうか。

ご返信、ありがとうございます。

それは、余計な解説を長々と申し訳ありませんでした。

はい、その場合は、会社の規約などに社員以外への貸し出しを禁止するような条項がなければ、特段の手続きは要しないかと存じます。

ito-gyoseiをはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 9 日 前.
12354;りがとうございます。大変参考になりました。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

貴社の益々の発展、心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問