ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
iwai-lowに今すぐ質問する
iwai-low
iwai-low, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 137
経験:  代表 at 岩井労務コンサルティング
109603228
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
iwai-lowがオンラインで質問受付中

海外の会社で働いていたのですが、コロナの影響で同じ業務を日本で個人で請け負う形となったのですが、日本では認可されていない

ユーザー評価:

海外の会社で働いていたのですが、コロナの影響で同じ業務を日本で個人で請け負う形となったのですが、日本では認可されていないバイナリーオプションのサポートの請負は個人事業主として問題がありますでしょうか?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都になります
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 法律上、偽装請負になるのか個人事業主としてサポート業務の請負はどのように申請したらいいかを悩んでいます

初めまして。iwai-lowと申します。

偽装請負となるか否かの基準は、

海外の会社ほか委託先から業務の詳細について、

ご相談者様が細かな指示を受けるかどうか、ということになります。

バイナリーオプションに成果物という概念があるかは別ですが、

成果物に対して支払いが行われるということであれば、

業務請負という形態に関しては問題ございません。

バイナリーオプションのサポート自体が日本で認可されていないということですが、

バイナリーオプション自体は日本でも行われているようなので、

アドバイザーという形態であれば個人事業主としての営業も可能なのではないかと考えます。

回答は以上となります。

ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 7 日 前.
36820;答ありがとうございます。
成果物でばなく、サポート業務になります。
こちらに関してはサポート対応に指示、指標を海外チームから聞き私が返答する形になります。
投資家や会社にアドバイスする形ではなく会社への質問を返答する業務のサポートになりますがこちらに関しては問題ないでしょうか。

会社へのサポートということであれば、

業務委託という形式で問題ないものと考えます。

その返答=成果物と考えられますので、

業務委託で問題ないでしょう。

回答は以上となります。

ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

iwai-lowをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問