ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3545
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

他界した両親と養子縁組した夫は私の実家の所有権を半分取得して、嫌がらせで家族を追い出し居座っています。家庭内の出来事に警

ユーザー評価:

他界した両親と養子縁組した夫は私の実家の所有権を半分取得して、嫌がらせで家族を追い出し居座っています。家庭内の出来事に警察も法も無関心です。家族は一つ場所に全員が集まれず、離婚した後で夫は旧姓を名乗って私の実家に死ぬまで居座り続け再婚すると豪語しています。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 山梨県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 何を伝えて良いかわかりません

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見致しました。

ご心痛なご様子、お見舞い申し上げます。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

現時点において、ご実家はご相談者様と元ご主人様の共有名義という解釈で宜しいでしょうか。

仮にそうであれば、元ご主人様のみが自由に出来るのではなく、ご相談者様の持ち分は、ご相談者様が自由に処分することも可能だと思量致します。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12372;対応ありがとうございます。それだけでも嬉しいです。ご指摘の通り共同名義です。古い家を建て替えたため、共同債券が残っています。私は住めずにローンの半分を支払っている状況です。共同名義の処分は困難が予想されます。もし、私が処分したらどうなるのでしょう?
私が生まれ育った地なので、夫ほど気軽に処分に踏み切れません。先代から引き継いだ親から、さらに子孫に引き継ぐよう期待されての婿取り縁組です。処分は最終手段としか思えません。古い思想に囚われているのでしょうか?

ご返信、ありがとうございます。

ご相談者様の想い、田舎育ちの私には痛切に伝わります(失礼があればお詫び申し上げます)。

また、御相談者様がご実家及びご自身の生家をとても大切に想っていることも、充分に伝わりました。

先に述べた通り、共有者は自己の持ち分を“他の共有者の意向に関わらず”自由にすることが可能です。

相手方がどうしても立ち退きを要求するのであれば、ご自身が納得のいく金額の要求を、相手方がそれに応じないのであれば、立ち退きの拒否をする権利は充分にあります。

どうしても当事者同士の協議がまとまらない場合は、、裁判所での民事調停で協議をなさることをお勧めします。
調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、判例に沿った案を提示してくれます。
また、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。
加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。
ぜひ、ご一考ください。

民事調停をご存知ですか(裁判所)
https://www.courts.go.jp/saiban/wadai/1806minzi/index.html

ito-gyoseiをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 16 日 前.
19969;寧な説明をありがとうございます。つまり、お互いに権利があるので、暴れたり鍵を変えて、家族が家に戻れない状況を作り居座ったもの勝ちですね。
買い取る気はない。立ち退く気もない。和解しないと言えば、朝廷不和で、だらだらと好きなだけそこに住み、勝手に名義を変えることもできる。家庭内で起きた陰険な出来事に警察は関与せず。私が望む事を全て拒否すれば私が困って服従すると考えてるみたいです。我慢の限度を、超えました。
打開策はなさそうですね。ありがとうございました。

嫌がらせには徹底的に対抗し、正当なご相談者様の権利を主張なさってください。

そこに法的根拠のある限り、相手方は何ら強要は出来ません(そもそも所有権も居住権もあるのですから)。

ご相談者様にとって万事いい方向へむかうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問