ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
low-counselorに今すぐ質問する
low-counselor
low-counselor, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2032
経験:  学士 行政書士事務所所長
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
low-counselorがオンラインで質問受付中

こんばんわ、労働基準法についての質問です。 「第二十二条

ユーザー評価:

こんばんわ、労働基準法についての質問です。
「第二十二条 労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。)について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない」
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: この証明書というのがよくわからないのですが
これにタイムカード、給与明細、雇用契約書は含まれますか?
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 鹿児島県在住です。

初めまして、分かる範囲で対応させていただきます。退職の際の証明書についてですが、まず、タイムカード、給与明細、雇用契約書は含まれません。退職証明書とは、会社を退職していることを証明するための書類です。複数の会社に重複して所属していないことを証明するために、次の会社から提出を求められることがあります。複数の会社に所属していないことはもちろん、社会保険加入のために被保険者資格がないことを証明する書類としても退職証明書が使用されます。(雇用保険や厚生年金保険、健康保険は、複数の企業に二重加入することはできないからです。)つまり、退職をする人が退職をする会社の被保険者資格を失っていることを確認するために必要な証明書です。

low-counselorをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
12431;かりました。ありがとうございます!

こちらこそご利用ありがとうございました。

法律 についての関連する質問