ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3438
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

10月に父親が亡くなりました。負債があるので、家族全員相続放棄を考えています。しかし、現在、父名義の自宅に母親が家族で住

ユーザー評価:

10月に父親が亡くなりました。負債があるので、家族全員相続放棄を考えています。しかし、現在、父名義の自宅に母親が家族で住んでいるのですが、相続放棄したら住み続けることはできないのでしょうか?資産価値は、ないと思っているのですが、不動産は相続とみなされ、退去しなければならないでしょうか。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
ご質問内容、拝見させて頂きました。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

相続放棄は、プラスの財産もマイナスの財産も全て放棄するのが原則です。

ご相談のように資産価値がないと思われる不動産も、正式に資産価値ゼロと認められないと、それだけは相続するということは認められません。

むしろ相続放棄より、限定承認を検討なさってみてはいかがでしょうか。

限定承認であれば、プラスの遺産からマイナスの遺産を差し引き、それでもプラスがあれば相続する、マイナスの方が大きければ、遺産の限度に於いてしか返済しないということが可能です。

ご検討ください。

相続放棄と限定承認の違い↓

https://www.e-souzokuhouki.com/knowledge/detail_00002.html

質問者: 返答済み 13 日 前.
12372;回答ありがとうございます。正式に資産価値ゼロと認められることを証明する方法が、限定承認をするということでしょうか?お分かりになればご回答をお願いいたします。

ご返信、ありがとうございます。

資産価値がゼロだと証明するのは、本来、固定資産税評価額でも事足りる場合が多いのですが、負債の総額との兼ね合いが分からないと債権者から差し押さえられる可能性もあります。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 13 日 前.
12372;回答ありがとうございました。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。
ご相談者様にとっていい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問