ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3437
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

東京都在住です。認識ある過失について、 東京都在住です。刑法の認識と認容の区別は?東京都在住です。

質問者の質問

東京都在住です。認識ある過失について、
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都在住です。刑法の認識と認容の区別は?東京都在住です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 刑法の261条の罪は、認識があっても認容がないなら、無罪ですか?
投稿: 13 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ito-gyosei 返答済み 13 日 前.

刑法261条は「他人の物を損壊し、又は傷害した者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する。」と定めています。

この罪は"故意"で行った場合、つまり「わざと壊した場合」にのみ成立し、何らかの落ち度や不注意、つまり"過失"による場合には成立しません。
また、未遂(物を壊そうとしたにとどまる場合)も処罰規定がないため成立しません。

法律 についての関連する質問