ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
専門家287tzx75に今すぐ質問する
専門家287tzx75
専門家287tzx75, 行政経験者、経営労務コンサルタント、特定社労士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3160
経験:  労働基準監督署長 at 厚労省
102696478
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
専門家287tzx75がオンラインで質問受付中

減給に同意を求められていますが断った場合は労働契約なのでオファーを受けられない場合、契約解除(クビ)と言われています。減

ユーザー評価:

減給に同意を求められていますが断った場合は労働契約なのでオファーを受けられない場合、契約解除(クビ)と言われています。減給を断る事は可能でしょうか
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 未払いの残業代についても相談したい
質問者: 返答済み 16 日 前.
21516;意すると住宅ローンや生命保険料を支払うと手取りがほぼ0になる金額です。

回答者tzx75が対応させていただきます。

賃金等を定めた雇用契約は、会社と従業員の合意による法的な契約なので、会社の判断で、一方的に給与を減額することはできません。ただし、会社の状況も理解し、減額した雇用契約書が労使の間で再締結されれば、給与の減額は可能ということになります。

また、従業員がたとえ減額に承諾しなくても、就業規則で給与の減額を会社が定め、その内容が経営悪化を回避するためであり、従業員に生ずる不利益も社会通念上容認できるものであり、かつ、会社が従業員に説明を尽くしたというような場合は、就業規則の変更によって間接的に給与を引き下げることが、従業員本人の同意無しに可能になるということになります。

未払いの残業代は、労基署に訴えれば、会社に支払うように指示します。

さらに、給与の減額が適正なものでないと思われる場合は、労働局のあっせんという制度で会社との調整を検討してくれます。

質問者: 返答済み 16 日 前.
22238;答ありがとうございます。
未払いの残業代は(残業は基本的に突発的に起こるものと考えます)例えば、会社が支払いリミット(26時間や40時間まで)を決めていた場合でも支払われますでしょうか?

お答えします。

残業代は会社が時間数の上限を定めていても、それは単なる目安に過ぎず、それ以上を支払わないことは違法となります。会社にはまず請求し、応じない場合は、実際に行った時間数を明確にして労基署に提出されることです。

専門家287tzx75をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 15 日 前.
22238;答ありがとうございました。

法律 についての関連する質問