ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3420
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

はじめまして7.5.3歳の子供がいる未婚の母です。

ユーザー評価:

はじめまして7.5.3歳の子供がいる未婚の母です。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 彼は既婚者で子供達の事は認知していますが、現在11年奥様とは別居しています。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: その彼から度重なるDV言葉、暴力を受けて来ました。 子供の為お金の為とかまんしていましたが今回また口論になり鼻の骨を折られました。 別れようと決めました

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

ご心痛なご様子、お見舞い申し上げます。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

差し出がましいことを言って恐縮ですが、母親が犠牲になっても、子供達に本当の幸せが訪れるとは限りません。

むしろ、ご相談者様が自分自身を大事になさることこと、子供様達が本当に望むことかも知れません。

認知を受けているのであれば養育費は当然のこと、これまでのDVに関しての慰謝料請求も可能です。

ただ、暴力を振るうような方であれば、当事者同士での協議は難しいかと。

対応策として、家庭裁判所での民事調停で協議をなさることをお勧めします。

民事調停では、婚姻関係にある夫婦の離婚調停同様、内縁の方々が別れるための協議を行う『内縁関係調整調停』というものもあります。

調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、判例に沿った案を提示してくれます。

また、その場で財産分与や養育費など、関係を解消することに関する全ての事項を協議することができ、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。

加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。

ぜひ、ご一考ください。

民事調停をご存知ですか(裁判所)↓

https://www.courts.go.jp/saiban/wadai/1806minzi/index.html

内縁関係調整調停(裁判所)↓

https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_07_19/index.html

また、無料でDVについての相談を受け付けている相談ダイヤルもあります。

必要に応じて是非、ご活用ください。

DV相談ナビ『#8008』(内閣府)↓

https://www.gender.go.jp/policy/no_violence/dv_navi/index.html

質問者: 返答済み 18 日 前.
12354;りがとうございます。警察に言いたければ言えと捨て台詞をはいていました。
明日以降に診断書を貰いに行く予定でいます、
逆ギレされそうでとても怖いです
質問者: 返答済み 18 日 前.
24944;謝料はどの様に計算されるのですか?年収でしょうか?

ご返信、ありがとうございます。

まず現在、お怪我は大丈夫ですか。

きちんと受診し診断書を添え、警察に被害を届けた方が宜しいかと存じます。

慰謝料に関しては通常、婚姻生活10年以上の夫婦が一方の有責により離婚に至った場合、200~300万円程度が相場と言われています。

これを基準にご自身でお考えになって宜しいかと存じます。

質問者: 返答済み 18 日 前.
30031;まりました。ありがとうございます
500円の期間が終わりましたら継続しない場合の手続きを教えてください。

こちらこそご返信、ありがとうございます。

ご質問、以上で宜しければ画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

トライアル会員解約方法は、こちらからURLを貼付し送信しますので、それに従って解約ください。

ito-gyoseiをはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問