ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3408
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

前職の会社に多分ですが、横領罪で警察に被害届を出され警察から呼び出しを受けました。私自身この件に関しては身に覚えがあるの

ユーザー評価:

前職の会社に多分ですが、横領罪で警察に被害届を出され警察から呼び出しを受けました。私自身この件に関しては身に覚えがあるので罪を認めに警察に言って話をしたのですが、予想以上に話の内容が違ったので事実を話して帰ってきました。 続きです。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 警察の方には「この話は誰にも話をしないでください」と言われ、また次回お電話させていただきますとのことで帰りました。ここからが問題なのですが、本件を前職の会社の人があちこちで喋ってるんです。話を聞いた人から連絡がありました。これってどうなんでしょうか。守秘義務的なことには当てはまらないのでしょうか。ちなみに、喋った先は僕のクライアントでした。困ってます。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

大変なご様子、ご心痛お見舞い申し上げます。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

お話を聞く限りではまだ警察は捜査中の段階であり、事実関係の確認作業の最中。

ゆえにご相談者様にも固く口止めをしたのかと存じますが、それを前職の会社の方があちこちで吹聴しては、捜査に支障をきたす可能性もあります。

これに関しては、この事実をそのまま警察へ相談し、警察から前職の会社の方に、現段階で他言することないようにと警告をして貰ってはいかがでしょうか。

質問者: 返答済み 17 日 前.
12372;回答ありがとうございます。
・守秘義務的なことには当てはまらないのでしょうか。ちなみに、喋った先は僕のクライアントでした。
この部分はどうでしょうか。警察には連絡する予定なのですが守秘義務がお互いに無いのであれば私も様々なクライアントやSNSを使って発信したいのですが。

こちらこそご返信、ありがとうございます。

一般的に守秘義務とは、一定の職業や職務に従事する者や従事していた者または契約の当事者に対して課せられる、職務上知った秘密を守るべきことや、個人情報を開示しないといった義務のことを言うのですが、この前職の会社の方々は誰に対しての守秘義務を背負っているのでしょうか。

もしそれに反していたら守秘義務違反として民事での損害賠償請求もあり得るかと存じます。

質問者: 返答済み 17 日 前.
36074;問を変えます
私は警察から他言無用と言われてます。これは、同じく前職の人警察の方にも言われてるのでしょうか。私だけが話をしてはいけないのでしょうか。
私が警察に今回の件を言い回っているので辞めさせて欲しいと連絡をした際に
警察から「別に法的拘束力は無いのでどうしようも出来ない」と、言われた場合に私は今回の件をあちこちの取引先に言っても大丈夫なのかなと思ってます。もしくは、そもそも警察に確認するまでも無く今回の真相を全て様々の形で公にしても大丈夫だと解釈してしまいます。先ほどの回答で
・ゆえにご相談者様にも固く口止めをしたのかと存じますが、それを前職の会社の方があちこちで吹聴しては、捜査に支障をきたす可能性もあります。
この部分はあくまでもモラルの範囲なのでしょうか?

Q:私は警察から他言無用と言われてます。これは、同じく前職の人警察の方にも言われてるのでしょうか。私だけが話をしてはいけないのでしょうか。

A:前職の人達が警察に言われているかは、私には分かりかねます。これは警察にお伺いして頂くしかないかと。
Q:私が警察に今回の件を言い回っているので辞めさせて欲しいと連絡をした際に、警察から「別に法的拘束力は無いのでどうしようも出来ない」と、言われた場合に私は今回の件をあちこちの取引先に言っても大丈夫なのかなと思ってます。

A:警察がそのような返事をするとは思えないのですが、「もしも」の話は際限がなく、回答のしようがございません。

Q:もしくは、そもそも警察に確認するまでも無く今回の真相を全て様々の形で公にしても大丈夫だと解釈してしまいます。先ほどの回答で、「ゆえにご相談者様にも固く口止めをしたのかと存じますが、それを前職の会社の方があちこちで吹聴しては、捜査に支障をきたす可能性もあります。」この部分はあくまでもモラルの範囲なのでしょうか?

A:モラルの範囲ではなく、あくまでも捜査を円滑に進めるためご相談者様に口外しないよう申し付けたのであり、当然、他の人間が吹聴することも、警察としては不本意なのではないでしょうか。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ご質問及びご評価、ありがとうございました。

また何かありましたらお声掛けください。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問