ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3473
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

先月中古車を購入しました, 奈良県です, 返品したいです

ユーザー評価:

先月中古車を購入しました
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 奈良県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 返品したいです
質問者: 返答済み 22 日 前.
2016年式で楢葉町にあった車両であることが納車後分かり、線量を計ったら0.3マイクロシーベルト超えてたので返品したい
中古車販売店は返品拒否
降車後自宅、職場全ての自身の付近は0.2マイクロシーベルトまで上がっており、危険物質が付きまとう
どうしても返品したい

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

ご相談の状況は、民法の『契約不適合責任』に該当すると思量します。

契約不適合責任とは、売買契約で、商品に品質不良や品物違い、数量不足などの不備があった場合に、売主が買主に対して負う責任のことです。

改正民法の条文上、「目的物が種類、品質又は数量に関して契約の内容に適合しないものであるとき」に発生する責任であることから、「契約不適合責任」と呼ばれています。

(民法改正前は、瑕疵担保責任と呼ばれていました)

ご相談の件は、商品が契約で予定されていた品質の基準を満たしていなかった場合に適用される品質に関する契約不適合となります。

改正民法に基づき請求できる内容は、引き渡した商品の修理の請求(修補請求)、または不具合がない商品の引渡しの請求(代替品の引渡請求)、解約となり、また、損害賠償請求損害が発生した場合は損害賠償請求が可能となります。

対処法としては、まずは消費生活センターへご相談することをお勧めしています。

消費生活センターでは様々な消費者トラブルに加え、場合によっては直接、職員が相手方業者と交渉も行ってくれます。

局番なしの『188』です。

消費生活センター↓

http://www.kokusen.go.jp/map/

加えて、仮に消費生活センターでの対応が難しかった場合、上記理由を以て、内容証明郵便にて相手方へ売買契約の解除及び返金を要求なさってみてはいかがでしょうか。

内容証明郵便はご自分で作成すれば郵送料1,200~2,000円程度です。

(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると2~3万円程度・自分で作成した書面の内容確認・添削だけでも2万円程度掛かります)

きちんとした書面で通告すれば、相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。

ご一考ください。

下記URL、ご参照ください。

内容証明郵便の書き方↓

https://kigyobengo.com/media/useful/608.html

内容証明郵便(日本郵便)↓

https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html

ご自身で作成する場合は、こちらもご参照ください↓

https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2459

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問