ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2979
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

宜しくお願いします, 私と夫は再婚です。

ユーザー評価:

宜しくお願いします
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 私と夫は再婚です。
再婚してから知ったのですが、6年ほど前に離婚した夫の元妻と子供が住んでいる家とローンの名義が夫のままです。
調べたところローンがあと1,900万ほどあり今は元妻が月に8万円づつ払っています。
3月に子供の養育費の支払いが終わったらその後はローン完済まで夫が月に5万、元妻が3万払っていきローン完済後に長男に名義を変更すると言う旨の離婚調書が作られていました。夫がいうには一方的に追い出されたので慰謝料的な意味合いはなく元妻が離婚調書に判を押さないと離婚に応じてくれず調停が1年と長引いたから仕方なく判を押したそうです。夫の給料は安く私も身体を壊して昨年退職し今年度に養育費が終わったら楽になるという夫の言葉を信じていたのですが、その後20年近く月に5万円を払うと知って困っています。その家に私たちが住む予定もなく田舎で売っても400万円で売れるかどうかという相場だそうです。
元妻は正規職員の看護師で収入は夫よりも多いです。夫は月に8万円の養育費が払えず結婚前にサラ金から200万以上借りて養育費や生活費に充てていました。
今は私の預貯金と私の親からの援助で生活費を賄っています。
このような状態であちらの家のローンをあと何十年も払っていくのは不可能です。
この3月までに向こうに家とローンの名義を変えて欲しいと夫に言っていますが夫は元妻が恐ろしいらしくなにもしてないようです。
離婚調書によると70歳くらいまで向こうの家のローンを払うらしいです。元妻に変更してもらえる根拠や手段はありますか?できるのなら元妻か子供への名義変更はどちらがいいですか?
その際の贈与税所得税、住民税などはどうなりますか? 愛媛県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ありません

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

当サイトは『一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂くシステムとなっております。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

原則は、調停決まり調停調書に記した内容は後に変更できないことになっているのですが、後で給料などが大きく減った・妻側の養育環境が大きく悪化した等の事情の変更があった場合は、例外として変更が認められる余地があります。

家庭裁判所に離婚後の紛争調整の調停を申し立てて、減額の交渉を申し出てみてはいかがでしょうか。

、裁判所での民事調停で協議をなさることをお勧めします。

調停は、必ずしも弁護士へ依頼することを必要とせず、中立の立場の調停員が双方の主張を聞き、判例に沿った案を提示してくれます。

また、その場で協議した結果は全て『調停調書』に記載され、判決に準ずる効果を持ちます。

加えて費用も、ご自分で申し立てをすれば収入印紙と切手代の数千円で済み、書類の書き方などは裁判所で丁寧に教えてくれます。

ぜひ、ご一考ください。

民事調停をご存知ですか(裁判所)

https://www.courts.go.jp/saiban/wadai/1806minzi/index.html

減額を求める話について言えば、減額を求めるだけの事情の変更が存在するといえるのか、どれだけの減額になるのかが争点となります。

現状のご主人様の収入や、世帯全体の生活状況を顧慮面に加味すれば、交渉の余地はあると思量致します。

Q:できるのなら元妻か子供への名義変更はどちらがいいですか?
A:奥様へ名義変更、その後、子が相続するのが順当かと思量します。

Q:その際の贈与税所得税、住民税などはどうなりますか? 愛媛県です

A:こちらは「一問一答式の質問サイト」となっているため、税金面に関しては法律カテゴリーではなく、「税・ファイナンス」のカテゴリーに再度、新規投稿頂きたく存じます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問