ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
bonds-gyoseiに今すぐ質問する
bonds-gyosei
bonds-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1719
経験:  H30年 行政書士事務所開業
107885659
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
bonds-gyoseiがオンラインで質問受付中

労働問題についての相談です, 愛知県西尾市, 特に有りません

質問者の質問

労働問題についての相談です
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 愛知県西尾市
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 特に有りません
投稿: 5 日 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  bonds-gyosei 返答済み 5 日 前.

はじめまして、分かる範囲で対応させていただきます。労働問題についてとのことですが、ご質問はどのようなことですか?内容についてこちらにご入力いただけると幸いです。

質問者: 返答済み 5 日 前.
12467;ロナとは無関係と感じていますが、業績不振で店長手当20%カットを言われてます。もう1点若い社員とのトラブルが解決出来ずに会社側とも話し合いになりません
専門家:  bonds-gyosei 返答済み 5 日 前.

店長手当20%カットということですが、基本給を含め、-10%にはなっていない状況ですか?就業規則に労働者の給料を制裁により減額する旨を定める場合は、減額は1回の額が平均賃金の1日の半分を超え、総額が1賃金支払い期における賃金の1/10を超えてはならない。労働基準法で定められていますので、減給する場合は、1回につき1日の平均賃金の半額までしか減額できず、減給が複数回あった場合でも賃金総額の10%しか減額できないとされ、それ以上の減額は違法となりますのでまず就業規則と、減給率の確認が必要です。そして、業績不振ということですが、実際に業績が不振であればいたしかたないのですが、減給は従業員の生活に直結する措置であるため、会社の判断のみで一方的に行えるものではないのです。会社は、従業員の減給を行うことによって、会社の経営がどのように持ち直すかといったシミュレーションをしなければならず、個々の従業員にどの程度の不利益が生じるかも考慮する必要があります、それがされていないのにただ、減給がされるのであればその減給は不当です。

法律 についての関連する質問