ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3009
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

先程の続きです。

ユーザー評価:

先程の続きです。民法では、遺産の半分までは誰でも好きな人に遺贈できることになていますが、逆に言うと、Aが亡くなった時の遺産総額が、『当該家の持分(1/2)の二倍』なければ、遺贈が配偶者の遺留分を侵害することになってしまいます。ただ、その配偶者が、亡くなったAの遺志を汲んでくれて、遺留分を主張しなければ、Aの持分はBに遺贈されます。----------------
ということですが、すでに、Bが2分の1を遺留分を取得する権利を持っているため、残りの半分はAの意思があったとしてもBに遺贈できない、という理解で良いですか?もし遺贈する場合は、その遺産総額の2分の1の現金を配偶者に支払えば、家はBのものとなるのでしょうか?

ito-gyoseiです。

引き続きご対応させて頂きます。

「ということですが、すでに、Bが2分の1を遺留分を取得する権利を持っているため、残りの半分はAの意思があったとしてもBに遺贈できない、という理解で良いですか?」

少々、違います。

Aは、家の1/2の権利を持っています。

Aが亡くなった時、この『家の1/2の権利+その他の遺産』の半分までを、誰でも好きな人に遺贈することができる、ということです。

仮に家の権利1/2が1,000万円だとしたら、

『家の権利1/2+現金1,000万円』

の遺産があれば、家の権利はBに遺贈、残り1,000万円は配偶者に遺せます。

ですが、

『家の権利1/2+現金500万円』

であれば、

『1,000万円の不動産+500万円』

が遺産総額となり、配偶者は、

『家の250万円分の権利+500万円』

が遺留分となります。

まずはここまでご理解頂けると。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございます。
理解不足で恐縮なのですが、『1,000万円の不動産+500万円』
が遺産総額となり、配偶者は、『家の250万円分の権利+500万円』
が遺留分となります。の箇所ですが、250万はどこから出てきたのでしょうか?
この場合、家の権利1/2が1,000万円なのですが、現金が500万足りず配偶者の権利を侵害する、にあたるのではないでしょうか?

1,000万円(家の半分の権利)+500万円=1,500万円。

その半分である750万円が遺留分。

ところが現金は、500万円しかない。

ならば、遺贈された1,000万円分の家の権利の内、250万円分の権利は貰わなければ。

となります。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12354;りがとうございます。
こういうケースは多々あると思うのですが、一般的にどういう方法で解決してるのでしょうか?もちろんここのケースにより異なると思うのですが。Bが、自身の預貯金から不足分250万をBにわたす以外に、どのような方法がありますか?

正にそれです。

Aの配偶者の権利(遺留分)を買い取るか、もしくは先に述べた通り、“故人の遺志を尊重し”その部分(250万円分)の遺留分に関しては、権利を放棄して貰うか、です。

質問者: 返答済み 13 日 前.
12371;のケースは、遺産の半分までを誰でも好きな人に遺贈できる、つまり遺言書があって初めて成り立つという理解でよろしいですか?
遺言書がなければ、配偶者が4分の3、なくなった配偶者の兄弟姉妹(つまり、B)が4分の1(兄弟姉妹が複数なら4分の1を均分)という理解でいますが正しいですか?

お母様が亡くなった後ならば、そうなります。

また、配偶者に加え子供もいたら、兄弟姉妹は法定相続分が無くなります(兄弟姉妹には遺留分も元々ありません)。

質問者: 返答済み 12 日 前.
29702;解不足で恐縮なのですが、子供がいる場合のみ、兄弟姉妹には元々の遺留分がない、つまり、法定相続人ではない、言い換えると、子供がいないと兄弟姉妹は法定相続人である、ということでしょうか?

「法定相続人ではない」ということではありませんが、

相続の順番は、

1.配偶者

2.子供

3.親

4.兄弟姉妹

兄弟姉妹には遺留分がありませんので、1.2.3.がご存命なのに兄弟姉妹に遺産を遺したければ、遺言書を以て遺贈することになります。

質問者: 返答済み 12 日 前.
12354;りがとうございます。
2.3が他界している場合は、配偶者が4分の3、なくなった配偶者の兄弟姉妹(つまり、B)が4分の1(兄弟姉妹が複数なら4分の1を均分)という理解でよろしいですか?

はい、それで大丈夫です。

『紀州のドンファン』の遺産騒動、ご存知ですが。

「市に、遺産の全てを寄付をする」

という遺言書が発見された。

この遺言書が有効だと認められると、市に全額行くかと思いきや、配偶者には1/2の遺留分があるため、

『市1/2:配偶者1/2』

遺言書が無効とされると、

『配偶者3/4:兄弟姉妹1/4』

となります。

(兄弟姉妹が複数いれば、1/4を更に分け合う)

法定相続分とは↓

https://souzoku-satou.com/legal-portion

質問者: 返答済み 12 日 前.
12354;りがとうございます。ようやく理解できました。
やりとりを終了しても、あとでこちらの回答は見直せるのでしょうか?

おはようございます。

こちらこそご質問、ありがとうございました。

無論、可能です。

宜しければ一旦、このご質問をご評価頂き終了とし、もし、遺言書に関してご相談があればまたご質問を新規投稿ください。

多分、お母様の遺言書、加えて姉妹様それぞれも(将来的に)遺言書が必要になるかとも思いますので。

あと、申し訳ないのですが、仕事の都合で以後の返信が遅れる可能性があるので、先にお詫びしておきます。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
25215;知いたしました。ありがとうございます!

法律 についての関連する質問