ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3046
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

元交際相手が僕の言動で傷ついたと言って訴訟を起こそうとしているみたいで、過去のことをたくさん調べて実家に送ると言っていま

ユーザー評価:

元交際相手が僕の言動で傷ついたと言って訴訟を起こそうとしているみたいで、過去のことをたくさん調べて実家に送ると言っています。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 埼玉県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 実家の父母宛に送るらしく、ラインの内容などが父母に開示されてしまうことが不安です。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

当サイトは『一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂くシステムとなっております。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

相手方が行おうとしてしている行為は、ご相談者様に対する名誉棄損及やプライバシー侵害に問われる可能性があります。

刑法では、名誉毀損の成立要件は、以下のように定められています。

第一項:公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

第二項:死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

上記の法律文をわかりやすく要約すると、以下の3つの要件を満たす場合に、名誉毀損が成立します。

・社会的評価を下げる可能性がある

・具体的な事実を挙げている

・公然の場である

つまりは、仮に事実を言ったのだとしても名誉棄損には該当しますし、例え開示する相手がご相談者様のご両親と限定されていて「公然」に該当せずとも、誰でも身内に知られたくない秘密のひとつやふたつはあるのが通常であり、プライバシー侵害となる可能性は高いと思量します。

以上の理由を以て、相手方に当該行為を差し止めるよう通告なさってみてはいかがでしょうか。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 17 日 前.
30456;手も訴訟を起こすためなのか?僕が以前に契約した家などの契約書のコピーなどもなぜか持っています。これは相手も弁護士を立ててる可能性は高いですよね?
質問者: 返答済み 17 日 前.
12362;電話させていただきたいです。
質問者: 返答済み 17 日 前.
20170;できます!

ご返信、ありがとうございます。

まず、弁護士へ依頼するのにあたり、着手金だけで10~30万円程度掛かることが予想されます。

(旧)日弁連報酬基準↓

https://senbayashi-lf.com/cms/wp-content/uploads/2019/02/pdf001.pdf

2度お電話し繋がりましたが、そちらの音声が聞こえません。

再度、電話します。

お電話でのご質問、ありがとうございました。

内容証明郵便はご自分で作成すれば郵送料1,200~2,000円程度です。

(司法書士・行政書士などの専門家へ依頼すると2~3万円程度・自分で作成した書面の内容確認・添削だけでも2万円程度掛かります)

きちんとした書面で通告すれば、相手方も相応の対応を余儀なくされるかと存じます。

ご一考ください。

下記URL、ご参照ください。

内容証明郵便の書き方↓

https://kigyobengo.com/media/useful/608.html

内容証明郵便(日本郵便)↓

https://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html

ご自身で作成する場合は、こちらもご参照ください↓

https://bengoshihoken-mikata.jp/archives/2459

また、相手方の行動がエスカレートする危険性があれば、ストーカー被害対策として一度、警察へご相談なさることをお勧めします。

警察には匿名で電話相談を受けてくれる専用ダイヤルがあります。

もし、いきなりお住いの地域の所轄警察署へ出向くのが気が重いのであれば、一度こちらへご相談なさってみてはいかがでしょうか。

某か、適切な対応や指示をしてくれるやも知れません。

安心材料のひとつとしてでも構いませんので、ぜひ、ご活用ください。

警察庁・匿名相談窓口『#9110』(政府広報オンライン)↓

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201309/3.html

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問