ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2979
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

お世話になります。 先日はご丁寧なアドバイスをいただきありがとうございました。

ユーザー評価:

お世話になります。先日はご丁寧なアドバイスをいただきありがとうございました。
一度、内容証明郵便を送ろうと思うのですが、現在メールでやりとりをしており、債務不履行でない理由を尋ねたところ、以下の返事がありました。債務不履行に値するかどうかのご質問に関しまして、弊社の判断をお伝えさせて頂きます。弊社休業期間のご解約に関して、
コロナによる休業期間中は、月会費を営業日数分に対応させて頂いておりました。
また、本来であれば行っていないWEBでの休会・郵送での 解約対応もさせて頂いておりました。休業明けも、お客様に通って頂ける環境を整えておりました為、 弊社の判断と致しましては、債務不履行ではなく、入会時の契約内容にて
対応をさせて頂いております。上記の理由により、継続必須期間中の解約はお客様に対しましては、
本来通常の会費が必要であった割引期間中の月会費を解約金としてお支払いをお願いしております。契約時のサービスが提供されなかったための契約解除で、自己都合での解約ではないと伝えても話が進みませんでした。
内容証明郵便であれば話しができるのでしょうか。

こんばんは、ito-gyoseiです。

スポーツジム側も一応、きちんとした回答をしてきており、協議には応じる姿勢を示しているので、内容証明郵便を送付しても返って来る答えは同じであろうと推測できます。

ただこれ、あくまでジム側の主張ですよね。

コロナはジムのせいではない、それは確かです。

ただ、休業を決断したのはジムの判断。

その負担を会員に「お願いしております。」と言うのであれば、「お断りいたします。」と言うのも会員の自由です。

先述の通り内容証明郵便を送付してもこれ以上の回答はのぞめないかと。

そうであれば、少額請求訴訟を検討してみてはいかがでしょうか。

その上でジム側へ、これ以上の対応が望めないのであれば、訴訟を以て対抗する旨を通告してみてはいかがでしょう(メールで構いません)。

実際に訴訟に至っても、弁護士を擁する必要はありませんので、費用は収入印紙代と切手代の数千円のみです。

ご一考ください。

少額訴訟(裁判所)↓

https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_minzi/minzi_04_02_02/index.html

これから少額訴訟を利用しようとする方へ(裁判所)↓

https://www.courts.go.jp/saiban/wadai/1902/index.html

質問者: 返答済み 14 日 前.
12354;る方が、同じ状況で、ジムから解約日を取り消しできています。
その方の文章なのですが、
そもそもコロナ情勢を受けて政府の自粛要請STAY HOMEに従い、3〜5月は一度もレッスンを受けていないこと
・5月いっぱい休業と告知しておきながら5/27から突然営業し、自粛していた会員からも日割計算で会費をとるというのは、政府の方針に従った者が損をしたという結果を生んでいること
・一度も受講していない3~4月分の受講費(葉書で届いた)の内訳が不明瞭であること
・5月分として届いた請求書の詳しい明細がほしいこと
・スタジオでは何も言われず解約手続きでき、その控えも手元にあるにもかかわらず留守電ひとつで無効にするなどとは、法に照らし合わせるまでもなく非常識であること
・IRさんの言葉や態度が酷く不適切であると感じたこと
・消費者センターで紹介された県の弁護士協会の方とも情報共有させてもらうことこの中で決め手となるものがあるのでしょうか。また、解約費25,000円は妥当でしょうか。
その方によると、ジムの対応は消費者契約法の第十条に抵触している可能性が高いとのことなのですが、今回私にこれは当てはまりますか?

・5月いっぱい休業と告知しておきながら5/27から突然営業し、自粛していた会員からも日割計算で会費をとるというのは、政府の方針に従った者が損をしたという結果を生んでいること
・一度も受講していない3~4月分の受講費(葉書で届いた)の内訳が不明瞭であること
・5月分として届いた請求書の詳しい明細がほしいこと
・スタジオでは何も言われず解約手続きでき、その控えも手元にあるにもかかわらず留守電ひとつで無効にするなどとは、法に照らし合わせるまでもなく非常識であること

この辺りは正に、ジム側の独断かつ一方的な措置の尻拭いを会員に押し付けていると捉えられますね。

『消費者契約法第10条 消費者の不作為をもって当該消費者が新たな消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたものとみなす条項その他の法令中の公の秩序に関しない規定の適用による場合に比して消費者の権利を制限し又は消費者の義務を加重する消費者契約の条項であって、民法第1条2項に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するものは、無効とする。』

上記条文と照らし合わせると、

「休業ならば事前に告知、休業期間内は会費の徴収を行わず、業務再開に先立ち会員に報告、後に会費の徴収を再開するのがあるべき姿である」

のではないかと。

Q:解約費25,000円は妥当でしょうか。

A:不当であると思量します。

ご質問、以上で宜しければ最後に画面上部「評価する」ボタン・星マークでご評価を頂けると幸いです。

ご相談者様にとって万事、いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

質問者: 返答済み 12 日 前.
30906;認遅くなり申し訳ございません。助言ありなとうございます。
最後に相談させてください。お問合せいただいております新型コロナウイルスの影響に伴う弊社の対応に関しましてですが、
何度も同じ返答となり、恐縮ではございますが、
これまでお伝えしたとおりでございます。
あくまでも弊社としましては、休業期間中に関しては会費を頂いておらず、
ご解約に関しても、お客様ご自身での判断と捉えております。
何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。
今後ですが、再度このようなご連絡をいただいても、同じ返答となってしまいます事予めご了承ください。ジムのお願いをお断りすると主張したところ、上記の回答が来ました。
再度催促されるまで断る主張を続けようと思うのですが、この対応は何か問題や不利になったりするでしょうか。
よろしくお願いいたします。

それで特段、不利になることはないと思量します。

「休業期間中に関しては会費を頂いておらず、ご解約に関しても、お客様ご自身での判断と捉えております。」

過去にも申しましたが、コロナは天災とは認められていません。

客が使用したくとも休んでいて、再開したら、辞めたい人からは解約料を徴収する。

では、使用できない期間に他のジムに通っていたら、その分の料金は代わりに支払って貰えるのか?

「いや、ウチはその間、料金貰ってないから。でも、再開したんだから、辞めるなら解約料払ってください。」

これが、消費生活センターの方も言っていた、債務不履行原因であると思量致します。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 12 日 前.
19969;寧に迅速な対応いただきありがとうございます。

こちらこそ有り難うございました。

どうもこのジム、言い分が勝手に思えてなりません。

そもそも、

「皆が泣き寝入りしているのだから、貴女もそうしてください。」

としか聞こえません。

出来る限り、頑張って頂ければと存じます。

応援しています。

法律 についての関連する質問