ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2976
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

退職代行を頼もうと思い予約しましたがキャンセルをしました

ユーザー評価:

退職代行を頼もうと思い予約しましたがキャンセルをしました
キャンセル料がかかると言われましたが、無料相談と書いてあり同意書の送付などもなかったため見てませんでした。キャンセルをしたのはお金が厳しかったからなのですがキャンセル料で100パーセント払ってくださいと言われました。これは、私がネットで同意書を見なかったのが悪いのですか?払う義務はありますか?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 埼玉県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ないです

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

当サイトは『一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂くシステムとなっております。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

結論から申し上げると、100%のキャンセル料金など支払う義務はありません。

そもそも、解約料なるものは相手方が実際に契約に着手し、解約までの実費や経費しか請求できないものであり、また、その金額の根拠を証明する責任は、相手方にあります。

仮に当該退職代行業者が未だ何ら契約の履行に着手していなければ、一切のキャンセル料金の支払い義務もなく、加えて、同意書に「キャンセルの場合は100%のキャンセル料を請求する」と記載されていたとしても、消費者に対して著しく不利益な条項は公序良俗違反として認められるものではありません。

対応策として、まずは消費者被害としてお住いの地域の『消費生活センター』へご相談することをお勧めします。

消費生活センターでは様々な消費者トラブルに加え、場合によっては直接、職員が相手方業者と交渉も行ってくれます。

局番なしの『188』です。

ご一ください。

消費生活センター↓

http://www.kokusen.go.jp/map/

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問