ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 8529
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

相続の際に、一度、相続放棄の書類に印鑑をついてしまいました。撤回することはできますか? 愛知県です,

ユーザー評価:

相続の際に、一度、相続放棄の書類に印鑑をついてしまいました。撤回することはできますか?
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 愛知県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 6人兄弟で、これまで実家の面倒をみてきた次男に全て相続させようと思い、残りの5人が相続放棄をする、と説明され、相続放棄をしました。ところが、1人放棄しないと言い出し、遺産を半分相続したいと言っています。なので、4人の放棄を撤回できるかどうか知りたいです。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。

まず、相続放棄の手続をどのようにしたかです。

相続放棄は、3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をするか、遺産分割協議の中で、私文書として、その次男の方にすべて相続させると言う事で、遺産分割協議書に署名捺印したような場合です。

仮に、後者であれば、相続人全員の同意があれば、遺産分割協議のやり直しは可能です。

問題は、前者で、基本的には、相続放棄の撤回は出来ません。

撤回とは、放棄の段階では、問題が無かったが、その後、問題が起きた場合です。

今回は、これに当たります。

ただし、取消しと言うのもあり、これは、相続放棄の前段階から、問題が生じていた場合です。

その方が、騙したと言うことであれば、可能でしょう。

家庭裁判所にご相談することになります。

もし、相続放棄をした場合でも、相続人が、他の放棄した相続人に遺産を分けることは可能です。

その場合は、贈与となります。

贈与税が発生することになるので、そこは、放棄しないと言い出した方に損害賠償請求をされても良いでしょう。頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 8 日 前.
32032;早く的確なご返信ありがとうございました。また兄弟と話し合ってみます。

ありがとうございます。また、何かございましたら、お気軽にご相談されて下さい。よろしくお願いいたします。このコメント対する返信はご不要です。

法律 についての関連する質問