ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2909
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

退職について, 愛知県です, 競業避止義務についての相談です

ユーザー評価:

退職について
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 愛知県です
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 競業避止義務についての相談です

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。
当サイトは『一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂くシステムとなっております。
私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

退職に伴う競業避止義務に関するご質問とのことですが、差し支えのない範囲で構いませんので、このメールに返信する形で詳細をお聞かせ頂けると幸いです。
宜しくお願いします。

質問者: 返答済み 11 日 前.
36864;職を希望した際、就業規則にある競業避止義務(離職後1年は会社書面による承諾なく競業関係に立つ事業者に就職できない。)を提示されました。今のスキルを活かした転職を考えているのですが規則に従わないと賠償問題等に発展するのでしょうか?

ご返信、ありがとうございます。

競業避止義務とは、従業員が自己または第三者のために、会社の事業と競合する行為(会社に対して損害をもたらすような競業行為)をしてはならないとする義務のことです。

従業員は、会社との間で、「会社の利益に配慮し、誠実に行動する義務」(誠実義務)を負っており、そのひとつが、この競業避止義務と解されています。

従業員は、在職中、会社の利益に著しく反する競業行為は差し控えなければならないとされ、会社が個別の労働契約や就業規則の規定で競業避止義務を定めていなかった場合でも、従業員は当然その義務を負うものと一般的には考えられています。

従業員が在職中に、次のような行為をすると「競業準備」と捉えられ、競業避止義務違反となる恐れがあります。

  • 所属する会社と競争関係となる会社/組織を設立/経営すること
  • 所属する会社と競争関係となる会社/組織に就職すること
  • 所属する会社の顧客に、競争関係となる会社を紹介/勧誘すること
  • 所属する会社から他の従業員を引き抜くこと

競業準備かどうかの判断基準ですが、退職の挨拶で得意先を訪ねる程度のことであれば構わないとする裁判例もあるようですが、「競業避止義務違反になるかどうかの判断基準」が明確にあるわけではなく、裁判になった場合は、「使用者の事業活動に影響を及ぼす行為」が行われているかどうかが重視され、高い役職の従業員や機密情報に密に接していた従業員は、特にこうした義務違反に問われやすいと言われています。

また、退職後の競業避止義務ですが、上記にほぼ準ずる内容になりますが、基本、憲法において『職業選択の自由』が明記されており、人は誰でも自由に職業を選べるのが原則です。

競業避止義務を厳しく問われるのは会社の執行役員だった人や、開発や技術など他社に流出されると元の会社に多大な損失を及ぼす地位の人間であり、また、その損害の立証責任は会社側にあり、そのままの金額が判決で確定することは稀だと解して宜しいかと存じます。

因みに、上記のようなポジションの人ですら、競業避止義務に縛られるのは1年程度ではないかと言われています(2年では長すぎるという判例はあります)。

質問者: 返答済み 11 日 前.
36820;信ありがとうございます。
在職中の今現在、特に競業準備をしているわけではないのですが、離職後の再就職先は競業にあたる企業になる可能性が高いです。1年間の競業企業への就業禁止を遵守するのは難しいのですが実際違反した場合の判例はどのようなものが一般的なのでしょうか?

こちらは初回500円の質問サイトのため、個別具体的な判例検索業務は行えませんが(通常業務で3~5万円程度)、宜しければ下記のURLをご参照ください。

競業避止義務に関する具体的な裁判例の骨子と基本的な方向性(厚生労働省)↓

https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/hanrei/kyougyou/kyougyou.html

先述の通り、ご相談者様が業務執行役員や開発担当者、会社の経営を左右する技術者の場合は注意が必要です。

ですが一般社員の場合は、「その社員が他社に就職したことにより、会社が被った損害額」の明確な根拠を立証しない限り、会社側は損害賠償を請求することは出来ないと思量致します。

(その社員がいれば得られたであろう利益は、損失にはあたらない)

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 11 日 前.
12354;りがとうございました。

こちらこそご質問及びご評価、ありがとうございました。

ご相談者様にとって万事いい方向へ向かうことを心からお祈り申し上げます。

法律 についての関連する質問