ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 8560
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

夜分に失礼致します。先程、“弁護士法人

ユーザー評価:

夜分に失礼致します。先程、“弁護士法人 鈴木康之法律事務所”から受任通知兼請求書が届きました。支出の明細を確認しましたが、私には身に覚えがありません。合計9件で総額2,970円、携帯電話のコンテンツ料金としての徴収なのですが、“連絡が取れない場合、やむを得ず訴訟等の手続きへ移行する。”との記載があり、当該事務所と連絡を取りたいのですが、偽物の可能性があると思いまして、至急こちらからご相談を致しました。よろしくお願いいたします。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都です。
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: 損害賠償請求ができるかどうか、加えて、債権者に対して情報の開示請求をして、債権者がどのように私の情報を入手したかが分かるようにして頂きたいと思います。以上2点をお伝えください。

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。それは大変お悩みのことと思います。ご心痛お察し申し上げます。お話から、分かる範囲でご回答致します。

まず、先ほど、届いたと言うのは、確かに夜も遅いのでメールでしょうか、それとも、内容証明か何かでしょうか。

総額で、2,970円と言う低額での弁護士の先生からの請求と言うのも、費用対効果としてどうかと思いますが、相手が、本当の弁護士事務所かどうかは、ネットで検索されてみても良いでしょう。

架空請求で、実在の弁護士事務所を勝手に名乗る場合もあるうです。

低額の請求なので、個人情報を盗もうとしている可能性もあります。

メールでの請求の場合は、ランダムに送っているのでしょうから、無視しても良いでしょう。

メールは、アンケート会社とかが、流出させていることが多いようです。

もちろん、SNSでの流出もあり得ます。

手紙等で来ているなら、やはり、アンケートや懸賞とかのネットで申し込んだ場合は、危険性があります。

ネットオークションなども情報漏洩の場になります。

架空請求であれば、警察にご相談された方が良いかもしれません。

個人情報の損害賠償請求は、漏洩だけの場合は、数千程度の賠償になりますが、実損があれば、当然、請求は可能です。

債権者にどうやってご相談者様の個人情報を手に入れたかは、民事調停等を申し立てると良いかもしれません。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 19 日 前.
22812;分遅くにご対応頂きありがとうございます。本件については、最初に警察へ相談を致しました。
回答としては、「現状、警察として動くことはできないが、“消費生活センター”または“国民生活センター”へ問い合わせた方が良い。」とのご回答を頂きました。念のため、明日問い合わせてみます。また債権者への民事調停等の申し立てについても検討致します。
ご対応頂きまして、ありがとうございました。

また、何かございましたら、お気軽にご相談されて下さい。よろしくお願いいたします。このコメントに対する返信はご不要です。

法律 についての関連する質問