ジャストアンサーのしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • やり取り回数、制限なし
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ito-gyoseiに今すぐ質問する
ito-gyosei
ito-gyosei, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2910
経験:  行政書士事務所代表
107754082
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ito-gyoseiがオンラインで質問受付中

長文大変失礼します。 ほんとに些細なトラブルで、相談するのもみっともないのですが、

ユーザー評価:

長文大変失礼します。ほんとに些細なトラブルで、相談するのもみっともないのですが、あるイベントの開催の手伝いを友人2人に頼まれて、
イベント開催の仕事をしました。友人2人のうちのA氏のほうがイベント準備中もかなり横柄で
相当イライラしていましたが、チケットもそれなりに売れてたので、
しょうがなくイベント開催までは友人Aのいう通りに仕事をこなしました。そのイベントは無事開催されました。その後、事前に決まっていた「イベントの特典DVD」を作成するということで
話合いになった際に、友人Aがまだ横柄な態度だったのに嫌気がさし、
友人Bに「もうAと関わりたくないので、こっちでできる仕事はこっちでするから、
2人でできるところはして。Aとのやり取りもBがして。」と伝えました。別に「誰が何をする」といった形で仕事の区分は分けられておらず、
それぞれができる部分をやるという体制でしたので、問題はないはずです。しかし、友人Bから友人Aにその旨を全く伝えてなかったので、
DVDの作成がスムーズにいかずAは怒ったようで、
「家に行く」や「悪評をツイッターで流す」など脅し文句に近い
ラインを送ってきました。その後、向こうは向こうの仕事をして、こっちはこっちの仕事をして、
DVDが完成し、購入者には届けることはできたのですが、その仕事ぶりに納得がいかなかったようで、
「払ったお金を返せ。そうじゃないと、お前の家に行く。悪評をツイッターで流す」
と言ってきました。私は、家も引っ越しましたし、ツイッターで流されても、別にいいのですが、
こういった場合、お金は返す義務はあるのでしょうか?
もし義務がない場合「家に行く」や「悪評をツイッターで流す」といった行為は、
何かの罪にならないのでしょうか?ちなみに、契約書もないですし、お金も微々たるもので、
使った時間に対してかなり少ないです。時給300円くらい。労働量の内訳も、
イベント開催:9  DVDの作成:1
くらいです。返せと言ってるのは、イベント開催・DVDの作成を含めた全額です。
JA: 了解いたしました。お住まいの都道府県を教えていただけますか?
Customer: 東京都
JA: ありがとうございます。上記の他に、法律の専門家に事前に伝えておきたいことはありますか?
Customer: ないです。

初めまして、行政書士のito-gyoseiと申します。

当サイトは『一問一答式の質問サイト』であり、ひとつの質問に対しての回答に画面上部の星マークでご評価を頂くシステムとなっております。

ご質問内容、拝見させて頂きました。

私の分かる範囲でお答えさせて頂ければと存じます。

Aさん、確かに酷い物言いですね。

まず、DVDの作成に関して、確かに共同しての作業にはならなかった訳ですが、ご相談者様が全く作業をしなかった訳ではなく、またイベントの開催に関してもやるべきことはやっていた訳ですから、Aさんの言う通り返金をする必要は無いと思量します。

次に、

「「家に行く」や「悪評をツイッターで流す」といった行為は、何かの罪にならないのでしょうか?」

に関してですが、当然の権利としてご相談者様が受け取り、返金する義務もないのに家まで押し掛けると言ったり悪評をツイッターに流すと脅す行為は、脅迫罪に該当する可能性もあります。

また、もし本当に悪評をツイッターに流したら、Aさんは名誉棄損罪に問われる可能性があります。

ご相談者様に対する誹謗中傷(悪評)ですが、誹謗中傷とは単純に相手方に対する悪口や貶める発言のことを言い、それが違法行為と認められるには、名誉棄損にあたるかが問題となります。

刑法では、名誉毀損の成立要件は、以下のように定められています。

第一項:公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

第二項:死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

上記の法律文をわかりやすく要約すると、以下の3つの要件を満たす場合に、名誉毀損が成立します。

· 社会的評価を下げる可能性がある

· 具体的な事実を挙げている

· 公然の場である

つまりは、仮に事実を言ったのだとしても名誉棄損には該当しますし、広く世間一般に公表する意味合いを持って『公然』と言え、今の時代、ネットやSNSで拡散することは“当然に”公然に知らしめた行為と認められます。

以上の点をAさんに、

「貴方の言動と、貴方が行おうとしている行為は、犯罪です。」

と、警告してみてはいかがでしょうか。

ito-gyoseiをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問